blank link menu close arrow-small arrow chevron-bottom folder tag minus plus label chevron-top

新卒採用
プロデューサー職
(クリエイティブプロデューサー/テクニカルプロデューサー)

メンバーズとは?

メンバーズではWebマーケティングを含めたデジタルマーケティング支援をおこなっています。EMC事業/デジタル人材事業の2つの事業を展開していますが、ともにWebサイト(コンテンツ)やソーシャルメディアを中心とした、デジタル戦略策定・設計から立上げ(デザイン・制作・構築)を行います。
また、近年の重厚長大なWebサイトのリニューアルよりも、細かい改善を重ねていくプロジェクトの進め方が求められる時流もあり、その後の継続的な運用も重要な仕事です。
お客さまと一体となってあたかも内製チームのように継続的な支援をする中で、分析・改善のサイクルをスピーディに実行し成果を向上していくことを強みとしています。

EMC事業とは?
EMCサービスとはBtoC大手企業向けにデジタルマーケティング支援専任チームを編成し、継続的にマーケティング成果を向上させていく我々のビジネスのあり方を指します。
最終的なアウトプットを制作する我々デジタルクリエイターチームが、ビジネス上のゴールをクライアントと共有し、データ分析からクリエイティブまでを自発的に行うことでクライアントと同じ目線でスピード感をもって成果創出をしていくことを強みとしています。

デジタル人材事業とは?
BtoC大手企業向けに提供するEMCサービスに対し、成長性の高いインターネット系企業やソーシャルイノベーションベンチャー向けにデジタルクリエイターとしてのスキルを提供するのがデジタル人材事業です。
クライアント企業へ単純労働力としてではなく、システム開発やグラフィックデザイン、UXリサーチやデータ分析といったデジタルクリエイターとしてのスキル提供に主眼を置きサービスを提供することで、健全な雇用とデジタルクリエイターとしてのスキル向上の環境につなげています。

プロデューサー職は、何をやっているのか?
メンバーズのプロデューサー職は、入社後ディレクターとして、クライアントと共に決定した全体戦略のもと、並行して行われる複数のプロジェクトに関する企画から進行管理までを行います。いずれの案件も課題の分析やレポーティングなどを担当し、次の提案に繋げる役割も担っています。また、ゆくゆくはプロデューサーとして決まった案件を円滑に進行するだけでなく、まだ案件になる前のクライアントの悩みに寄り添い、原因を追究し、支援内容を検討した上で提案をすることで、クライアントのビジネス成果向上や新規開拓を担うこともあります。ただ、プロデューサー・ディレクターに明確な職位の上下はなく、あくまでクライアントへ貢献する個人の役割として適性があるポジションでの活躍を目指していただきます。
いずれの場合も、クライアントの課題を自分事として考え、企画から運用まで一貫して手掛けることで、デジタル分野のプロの視点からクライアントのマーケティング成果向上を目指します。

<参考リンク>
新卒ディレクターの1日の仕事内容
Webディレクターって何してるの?新卒2年目の1日に密着してみた

 

クリエイティブプロデューサー/テクニカルプロデューサーの仕事内容

【クリエイティブプロデューサーの場合】
主な配属先(予定)
EMCカンパニー
メンバーズユーエックスワンカンパニー

※上記は初期の配属予定カンパニーとなります。新卒採用はカンパニー横断となるため、キャリア構築等の観点で将来的に他カンパニーへの異動もあります。

<参考リンク>
メンバーズカンパニー一覧はこちら

主な仕事内容
入社後の職務は、ディレクターとしての案件の進捗管理、制作指揮から始まります。
案件の中でUIUXデザイン、コンテンツプランニング、アドテクノロジー等クリエイティブ方面の専門分野の知識・経験を磨いていきながら、自分なりの強みを持ったデジタルクリエイターとしての活躍を目指します。

※メンバーズでは、クリエイティブを目に見えるデザインなどの成果物という狭義としてではなく、あるものにこれまでとは異なる新しい価値や意味を見出し、ブランドや商品が持つ世界観を形づくっていくこととして定義しています。

将来的に求められるのはただ決定したものを作るだけでなく、クライアントのビジネスをクライアント以上に深く理解し、デジタルの領域からマーケティング成果向上につながる施策や提案を、クライアントに先回りして提供するプロデューサーとしての役割となります。クライアントのDX(デジタルトランスフォーメーション)を、クリエイティブの知見を持って推進していきます。
クライアントに入り込み高い成果を出し、クライアントとの強固な信頼関係を築くからこそ、CSV型の案件を実現する土台となります。CSV型の訴求で成果を上げるためには、人の心を動かし、価値観に影響を与えるクリエイティブが必要不可欠です。クリエイティブプロデューサーは、専門知識を活かしこうしたクリエイティブの制作にも携わります。

具体的な仕事内容
Webディレクターは、どんな仕事?業務内容や求められるスキルとは

 

社員のキャリアパス事例
・運用/構築案件社員
1年目:大手アパレルECサイト運用
2~4年目:UIUX改善プロジェクト(UIUX検討、課題抽出、仕様策定、制作進行)
5年目:大手アパレルアプリデザインチームリーダー


・SNSプランニング案件社員
1年目:Facebook運用
2~4年目:食品会社・住宅設備会社サイト構築、家電・小売メーカー等ユーザー調査、化粧品SNSチームプロジェクトマネジメント
5年目:大手通信会社へ新規提案、サイトKPI設計

 

【テクニカルプロデューサーの場合】
主な配属先(予定)
EMCカンパニー
メンバーズデータアドベンチャーカンパニー

※上記は初期の配属として配属させていただく予定のカンパニーとなります。新卒採用はカンパニー横断となるため、キャリア構築等の観点で将来的にキャリアなどを鑑み他カンパニーへの異動もあります。

主な仕事内容
入社後の職務は、ディレクターとしての案件の進捗管理、制作指揮から始まります。
クライアントのデジタルマーケティングの成果創出のため、クライアントと決定したデジタルマーケティング・プランをもとに、エンジニアリングやデジタルマーケティングツール、データ分析、インフラについての知識など技術的な知見をもって、実際のWebサイトの制作・運用やアプリ開発を実行するために必要な要件を定義し、プロジェクト進行していきます。場合によっては、クライアントとの窓口に立ってやり取りをおこなうなど、プロジェクトチームの中心となって業務を進めていきます。

また、将来的には、すでにある課題を基にクライアントの成果向上をするだけでなく、デジタル領域においてクライアントの抱える課題そのものを日々のやり取りの中から見つけ出し、最適な解を見つけ、マーケティング領域にとどまらずクライアントのビジネス全体のデジタル化を推進するプロデューサーとしての役割も求められます。

デジタル化が進む企業とユーザーの接点をテクノロジーの視点から創出し、ビジネス上の成果を上げるからこそクライアントの信頼を得ることができ、持続可能な社会へ向けたマーケティングの変革に対しても強い影響力をもって推進ができるようになります。

テクニカルプロデューサーは専門的立場からクライアントやユーザーの課題解決をするためにどのような技術が活用できるかを考えながら、プロジェクトを推進する必要があるため、プログラミング、データ分析等の技術的な知識を持つ必要があります。

そのため、技術的な分野における継続した自己研鑽に励むことが必要となります。あわせてクライアントが抱える本質的なマーケティング課題を見抜き、成果創出をするため、デジタルマーケティング全般の知識も習得していただきます。

マーケティングだけでなく、デジタル・テクノロジーによって得た情報を活かして、課題解決を行っていくテクニカルプロデューサーは、今後のデジタルマーケティングにおいて非常に重要な役割を担う職種であると言えます。

社員のキャリアパス事例
・MA(マーケティングオートメーション)チーム社員
1年目:大手金融機関の案件へ配属。
3年目:MA(マーケティングオートメーション)チームのリーダーとしてMAディレクションならびにデータ設計業務を中心に担当。

・データ分析案件社員
1年目:Webディレクターとして2年ほど勤務
3年目:データアドベンチャーカンパニーへ異動、自社AIプロダクトを持つベンチャー企業に常駐し、データ分析や、AI製品の導入支援を行う。

 

【クリエイティブプロデューサーとテクニカルプロデューサーの違い】

「クリエイティブプロデューサー」と「テクニカルプロデューサー」どちらのコースで応募しても、入社後プロデューサー/ディレクターとして案件の制作指揮を執っていただくことに変わりはありません。
実際に入社した後のキャリアパスは、適宜ご自身のご希望や周囲の環境に合わせて柔軟に変わっていくものであると考えておりますので、現段階でのご希望でお選びください。
クリエイティブプロデューサーコースにおいては、クライアントのビジネスに対しデザイン思考やUXデザインなど、クリエイティブの観点から価値創出を担っていただきます。
目指すゴールを踏まえた上でビジネス成果創出のためのデザイン、表現などをクライアントとすり合わせをし、制作の進捗管理から納品までを担当します。
テクニカルプロデューサーコースにおいては、エンジニアリングやデジタルマーケティングツール、データ分析、インフラについての知識など技術的な視点からクライアントの課題を捉え、クライアントへ解決策を提案、テクノロジー領域に精通したプロデューサーとしてクリエイターとの連携を実行していきます。

 

クリエイティブプロデューサー/テクニカルプロデューサーに求める人物像

①メンバーズのミッション・ビジョン(※1)に共感し、その実現に向けて自らの役割を認識し、主体的に活動できる方
メンバーズのミッションは、「“MEMBERSHIP”で、心豊かな社会を創る」です。
現在の物質的・経済的豊かさを追求する消費至上主義、資本主義的な経済が変わらなければ、日本の未来、そして地球の未来はないと考えています。そのためには購買行動、経済活動においても損得勘定ばかりで物事を判断するのではなく、より良い未来にするために何が善いことで何が善くないことなのかを軸に判断する人・企業を増やしていく必要があるのです。マーケティングの在り方を「社会をより良くするもの」へと変換する、つまり、クライアントとともにCSV(※2)型マーケティングを実践していくパートナーとなることを目指しています。

プロデューサー職は、クライアントのビジネス成果創出とともに、クライアントを巻き込みながら社会課題の解決について考え、マーケティング施策として具現化、実行する力が求められます。

※1 ミッション・ビジョンについて詳細はこちら
  社長メッセージ

※2 CSVについて詳細はこちら
近年注目されるCSV経営とは?メンバーズの実践とCSVの支援

 

②メンバーズのコアバリューに当てはまる経験・価値観をお持ちの方
メンバーズでは、会社ならびに社員のあらゆる活動の中核となるコアバリュー(共通価値観)を4つ掲げています。

【貢献】
本業を通して社会に貢献する。クライアントの発展に貢献する。
自分のためだけではなく、社会に役立つことやクライアントワークが好きな人の集団でありたいと考えています。

【挑戦】
失敗を恐れず挑戦する。
2020年までに社員数1,000名と目標を掲げていましたが、2年前倒しでメンバーズグループ1,000名体制を達成しました。
これからもその成長を止めず、3,000名、5,000名と、規模の拡大を目指していきます。その過程で多くの失敗もあるでしょうし、変化に富むことになるでしょう。挑戦すること、失敗から学ぶこと、変化を好むことができる人の集団でありたいと考えています。

【誠実】
自らに、仲間に、クライアントに、社会に対して誠実に向き合う。
会社としての利益も大切ですが、会社や自己の利益よりも人として何が大切か、利他の精神を分かり合える集団でありたいと考えています。

【仲間】
デザイナー、エンジニア、プランナー、アナリスト、ディレクター、プロデューサーなど、違った個性を持った人たちが、チームとして成果を挙げていく。それがメンバーズのやり方です。凸凹があってもいい、得手不得手があってもいい、チームで大きな目標に向けてチャレンジすることにやりがいを感じる人の集団でありたいと考えています。

 

③Web・デジタルへ自分なりの思い入れがある方
メンバーズではWeb・デジタルにあまり触れたことがない方の応募も歓迎しておりますが、入社後は、デジタル上のマーケティングを仕事の中で考え続けていただくこととなります。
デジタル業界が成長産業である、これからの時代Webの知識は必要なスキルである、といった外部環境からの理由以上に、なぜ自分はWeb・デジタルの仕事に携わりたいのか、Web・デジタルのどこが好きで仕事としたいのかという自分なりの想いをぜひ選考でお話しいただければと思います。

 

クリエイティブプロデューサーコースに求める人物像
クリエイティブに携わることが好きな方
クリエイティブプロデューサーの仕事はクライアントの想いをクリエイティブに乗せ、多くの人の目に触れるデジタル上の表現を形作っていく仕事です。現時点でデザインやエンジニアリングなど、専門知識がなくとも、イベント運営やフリーペーパー制作、演劇やダンス、カメラや動画制作が好きなど、自分の想いを何らかの形で表現することが好きな方に向いている仕事です。

 

テクニカルプロデューサーに求める人物像
トレンド技術に対する好奇心、学習意欲が高い方
テクノロジーに精通した専門家であるテクニカルプロデューサーは、プロダクト開発、ビジネスにおいて重要な役割となります。技術面からの戦略立案や、システム設計、ディレクション、サポート等様々な技術スキルが求められます。
デジタルに関わらず、今まで知らなかったことを調べることが好き、改善策を考えることが好き、調べ始めるとついついのめり込んでしまうといった方にオススメのコースです。

 

募集要項

募集要項はこちらをご確認ください。

選考の流れ
選考はすべてオンラインにて実施しています
※プロデューサー職の最終選考のみ本社での対面面接もお選びいただけます。

会社説明会

選考エントリー

書類選考(エントリーシート/適正検査)

一次面接(集団面接)

二次選考(個人面接)

最終面接前シート提出

最終選考(個人面接)


※選考エントリーから内定まで最短一ヶ月~二ヶ月程度

※本職種を受験して落選した場合、別の職種での再受験も可能です。