今後のメンバーズを担っていく若手社員にスポットを当てる連載、「プロフェッショナル・メンバーズ NEXT」。第10回目はメンバーズ史上最速、入社2年目にしてユニットプロデューサーを務める竹内南那子にインタビューしました。
(※社内報MEMBUZZ2021年12月号より。内容は取材当時のものです。)

20210217_kv

入社してから印象に残っていることを教えてください

最初は、今とは別のユニットに所属し、当時のメンターさんのお手伝いとして、今のお客さまの業務に参加していました。そのときに大きな都度制作の案件を2つ受注して、片方は100万円規模の案件、もう片方が300万円規模の案件で、メンターさんと分担して対応することになったのですが、私が300万円規模の案件を担当することになったんです。初めての制作だったのでサポートを受けつつ進める想定だったのですが、どんどん仕事が来るわ来るわで気づいたらほぼ自分一人でその案件を進めていました。当時は必死だったのであまり実感していなかったですが、入社して2、3か月のときにそういうことをやっていたというのは振り返ると結構衝撃的だったなあと思います。

入社してから成長を感じたのはいつ頃でしょうか?

1年目を終えるあたりですね。当時のユニットプロデューサー(以下UP)の方が半年後に育休に入ることになり、後継者を作るタイミングで私の名前が上がったらしく、そのまま2年目の前期はユニットリーダー(以下UL)として次期UPになることを見据えて動きました。そのULとして過ごした半期が一番成長できたかなと思います。当時のBU長に結構言われていたのが「立場が人を作る」という話です。いきなりUP任命ではなく、ULとして過ごした半期があったからこそ、自分が成長できたと感じましたし、ユニットのことを自分事として進めていくといった点などを学ぶことができました。

仕事で大切にしていることを教えてください

お客さまに対してもチームに対しても、信頼してもらうために自分が誠実であることを大切にしています。
お客さまに信頼してもらうために日々のコミュニケーションの場で誠実に向き合うことと、その積み重ねが大事だと思っています。そうすることで双方にとっていい関係が築けて、思いもよらぬ案件の話につながることがあります。対チームについても、信頼してもらっているからこそ相談してもらえる話題などもあって、何よりチームの雰囲気が良くなることにもつながるので、信頼してもらうこと、その前に自分が誠実であることを大事にしています。
なかでも「軸をブラさないこと」を重視しています。言っていることのブレが積み重なるとその人の信頼ってどんどん失われていくと思うんです。「あのとき言っいてたことと違う」となると、私自身もその人のことを信用できなくなっていってしまうので、そこは大切にしています。

今後UPとしてチームをどのようにしていきたいですか?

楽しく働ける環境にしたいなと思っています。
例えば、自分が働きたいときにやりたいことができるようにしたいという人や、スキルアップや自分の得意なことを伸ばしたい、といった人など、それぞれのやりたいことがあると思うんです。しかし、根本として業務過多やストレス、品質低下などがあると、やりたいことができなくなってしまいます。そのため、そういった根本的な部分をみんなで解決しつつ、その先にはみんなが働きやすい環境がある、みたいなチームにしたいなと思っています。

UPになったことによる変化や、2年目だからこその苦労はありますか?

責任が重くなったことはひしひしと感じています。ただ2年目だからこその苦労というのは実はそれほどありません。最初は経験豊富な人たちが周りにいる中で私がUPで大丈夫かな、と思ったんですけど、いい意味で周りを気にしないほうがいいというアドバイスをいただいてからはあまり年次の差は意識しなくなりました。

UPを目指す若手社員にアドバイスをお願いします!

入社したときは、キャリアビジョンとしてはUPを目指すことは考えていなくて、それどころか自分が一番底辺だと思っていたんですよ。Webの知識もないし就活も遅かったので。同期を見ながら「悔しいなあ」と思いつついろいろな講座に参加して勉強して今につながっているので、勉強し続けることは大事だと思います。私もまだまだ勉強中です。あと、自己中になりすぎないことだと思います。UPになるためには自分だけが頑張ればいいというわけではなくて、やっぱりチームとしての視点を持たなければいけないんです。自分がこれだけがんばって成果を出しました! と言っても、他の人はどうだったの? 周りの人のコンディション把握してる? みたいなことって意外と見えづらくて。そこの意識がないとチームビルディングのスキルとしては低くなってしまうので、自分が頑張るのももちろんですけど、それよりも前にチームです、ということを認識しておくことが必要かなと思います。

今後チャレンジしたいことを教えてください

ゆくゆくはユーザーが求めるものと企業の接点作りに携わりたいですが、まずは目の前のことを一つ一つやっていって、自分自身のやりたいことを実現するための実力をつけていきたいです。枠におさまらず自分のやりたいことに挑戦できる環境を、自分の周りに作っていけたらいいなと思っています。

20210217_1

FAVORITE

20210217_fav_1料理
作って食べるのが好きです。もともと食べるのがすごく好きなので、一人暮らしを始めたタイミングで自分で好きなものを作って食べようという思考に行きつきました。仕事中に「今日は何作ろう」と考えて、仕事終わりの晩酌で、一日をハッピーに終えています。

 
 
20210217_fav_2ビーチハンドボール
土日にビーチハンドボールをしに行っています。普通のハンドボールと違い、ビーチハンドボールは「魅せるスポーツ」と言われていて、見ている人が楽しめるシュートを打ったら2点みたいなルールがあるんですよ。そういうのを東京のチームに入ってやったりしてます。

 
 

同僚からのメッセージ

  • メンバーズ EMCカンパニー BU8-6/BU8-11 飯岡 勇人

    いつも頼もしく思っています。
    顧客要望への理解、展開、行動が日進月歩で見えて、そんな竹内さんに私もすごく影響を受けております!
    周りの期待にもプレッシャーを感じるそぶりも見せずどこか楽しんでいる雰囲気さえ感じます。仕事もプライベートも今を楽しんで行きましょう。

    Message image 0
  • Message image 1

    メンバーズ EMCカンパニー BU8-10 大森 千春

    困難な状況でもあきらめずにアプローチする姿やそのスピード感が凄まじい!と近くにいていつも感じています。
    また、どんなときも最適解を多面的に考え妥協しないストイックなところも本当に尊敬しています。

    今後も一緒にユニットを盛り上げていけたら嬉しいです!

  • メンバーズ EMCカンパニー BU1-3 西岡 大地

    配属当初から人一倍努力ができる人だなあと思っていました。だからこその最速UPだと思うし、プライベートでも自炊やハンドボールを全力でやっているみたいで本当にリスペクトしています。
    これからも同期として互いに切磋琢磨していければ良いなあと思います。

    Message image 2
メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。