エンジニアとして中途入社した社員は、どんな理由でメンバーズへの入社を決め、入社してからどんなギャップを感じているのでしょうか?今回は、2015年に入社しフロントエンドエンジニア・クリエイティブリーダーとして活躍する清水 誠を取材しました。(内容は2021年12月 取材当時のものです。)

20211221_3_1

清水 誠
2015年3月にメンバーズ入社。入社後は北九州拠点の立ち上げと、大手EC企業さまのWebサイト運用・制作を担当。その後、フロントエンド開発(HTML/CSS/JavaScript/Vue.js/Reactなど)を軸とする、サイトリニューアル・サイトモジュール開発・Webアプリケーションサイト構築に携わる。一方で、クリエイティブリーダーとして拠点ユニットのチームビルディングやスキル育成を遂行しつつ、現在に至る。

<これまでの経歴>
1999年~2006年:大学卒業後、大手企業でモノづくりのエンジニアリング(開発・評価)に従事。

2007年~2011年:同業種の外資系ベンチャー企業にて、国内企業の技術コンサルティングやエンジニアリングサービスの支援に携わる。

2013年~2014年:IT業界に転身し、大手Web制作会社でゼロから制作技術を学ぶ。

2015年~:メンバーズ入社

個人紹介

まず、メンバーズに入社を決めた理由を教えてください。

IT業界への転身で入社したのは、大手Web制作会社の福岡支社でした。業界として規模が大きく海外拠点もあり、未経験者であっても活躍できるフィールドが整備されていました。一方で、業務がルーチンワークになりがちで、BtoBでありながらお客さまと関わることがなく、何よりも新しいことにどんどんチャレンジしてスキルを磨いていく機会がほとんどありませんでした。

メンバーズに入社を決めたのは、チャレンジ精神を仲間同士で尊重し、たとえ失敗してもそれを認めてくれる社風を感じたからです。さらに、地方拠点にいながらにして、お客さま企業の担当者やエンジニアと直接やりとりをしながら、新規プロジェクトの立ち上げや課題解決に主体的に取り組んでいける点に強い魅力を感じました。
 
 
ご自身が得意としている領域について教えてください。

これまでフロントエンドの開発・構築から運用まで経験してきましたが、なかでも運用領域における生産性の向上を得意としています。

例えば、似たようなページを大量生産する際に、マクロツールやスクリプト言語(Ruby, Perl, JavaScript など)を融合して、コマンドを実行するたけでHTML一式を生成するようなオートメーション化をこれまで実施してきました。
 
 
エンジニアとして今注目している技術はありますか?

あえて1つ挙げるならば、TypeScriptです。TypeScriptはJavaScriptの上位互換の言語で、静的型付けが大きな特徴です。静的型付け言語は、大規模で堅牢性の高いアプリケーションを開発するときに力を発揮します。

具体的には、JavaScriptのフレームワークとして、Angular、React、Vue.jsが有名ですが、AngularではTypeScript が推奨され、Vue3はデフォルトでTypeScriptをサポートしました。このようにTypeScriptが推奨するのは、フレームワークを前提とするアプリケーション開発に必須の特徴を備えているからです。プロジェクトの規模が大きくなるほどチームワークの協調性も求められますので、コード品質、メンテナンス、生産性の観点などでTypeScriptは必須のスキルだと考えています。
 
 
その他、最近興味があることは何ですか?

ハードとITをうまく融合させることで日常生活をより便利にできたらいいなと思っています。趣味の1つとして、Raspberry PiやESP32のようなマイコンに、環境センサー(温度・湿度、気圧、CO2、微粒子空気質センサーなど)を回路実装して、そのモニタリング結果をクラウドと連携させて、分刻みで情報を取得できる環境を作ったりしています。

20211221_3_2

メンバーズについて

メンバーズの特徴だと感じること、入社してみてのギャップはありましたか?ぜひ、良いことも悪いことも包み隠さずお話しください!

入社して感じるのは、社員同士の絆がしっかりしていることですね。目標に向かって一致団結して臨むところや、何か困っているときに仲間や上司に相談しやすい雰囲気があると感じます。その昔、殺伐とした雰囲気のなか業務をしていた辛い思い出があるので、なおさらそう感じるのかもしれません…。

加えて、チャレンジ精神が尊重される点も魅力です。初めてのことであれば何事もうまくはいかないもの、仮に良い結果に結び付かなかったとしても次こそは!という気持ちになれる風土があります。
 
 
メンバーズで働いていて、面白いと感じるところはどこですか?

地方拠点に居ながら、お客さまと密に連携しているため温度感が伝わりやすいと感じています。そのため、期待以上の成果を出せたときに心から喜んでいただけたり、次はこんなことやってみませんか?と提案できる機会も多いです。
 
 
エンジニア目線で就業環境、働き方についてどうでしょうか?

エンジニアワークには、コード設計・コード実装・デバッグなど集中力を要求されることが多々あります。リモートワークはノイズを極めて小さくすることができるため、高い集中力を持続することに適した環境だと感じています。これは生産性の観点でとても大事です。

一方、チームワークという視点で、仲間同士の距離感が遠くなることが課題としてあり、Face to Faceのコミュニケーションはある程度必要だと考えています。現在は、週に2度出社し、大事な打ち合わせは対面で行うなどして、リモートワークと出社のベストマッチを探っています。
 
 
EMCカンパニーの顧客専任チームでの仕事というスタイルについてどう感じていますか?

お客さまと同じ視点で成果創出に取り組んだり、課題解決を図っていくことができるため、一体感さらには喜怒哀楽のような温度感を互いに共有できるのが良いです。ビジネスは互いの信頼関係があってこそなので、その視点でもEMCの顧客専任チームはメンバーズの強みになっていると思います。

未来の仲間へのメッセージ

最後に、メンバーズへの転職を検討している方に、どういう方に仲間になって欲しいか。どういう人が向いていると思うかなど、メッセージをお願いします!

メンバーズのコアバリュー(貢献、挑戦、誠実、仲間)に共感できること、このことに尽きます。

エンジニアは探究心こそが未来への原動力になっていると思います。同じ志の仲間と誠実に接しながら、日々新しいことに貪欲に挑戦していくマインドが大事です。また、どんなときでも最後まであきらめず必ずやり抜く、その結果が社会貢献へとつながっていくと考えています!

20211221_3_3

【オンライン説明会】毎週木曜、キャリア採用の方向けに開催中!
ランチタイムに30分で気軽に参加可能。EMCカンパニーの事業内容やキャリア・働き方などをご説明しています。ご飯を食べながらでもOK、もう少し知りたい、聞いてみたいことがある方、お気軽にご参加ください。
予約・詳細はこちら

【EMCカンパニー】Webエンジニアの求人情報はこちら
【EMCカンパニー】テクニカルディレクターの求人情報はこちら

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。