エンジニアとして中途入社した社員は、どんな理由でメンバーズへの入社を決め、入社してからどんなギャップを感じているのでしょうか?今回は、2020年に入社しテクニカルディレクターとして活躍する信森 厚貴を取材しました。(内容は2021年12月 取材当時のものです。)

20211221_2_1

信森 厚貴
2020年6月にメンバーズ入社。入社後は大手アパレルメーカーの特集サイト(24ヵ国語対応)のディレクションを経験し、現在はテクニカルディレクターとして大手航空会社さまの構築案件を支援中。

<これまでの経歴>
2011年~2018年:Web制作会社 エンジニア(HTML、CSS、JavaScript、PHP、MySQL)/Webディレクター

2018年~2019年:医薬品会社 エンジニア(HTML、CSS、JavaScript、PHP)/Webディレクター

2019年~2020年:Web制作会社 Webディレクター

2020年~:メンバーズ入社

個人紹介

まず、これまでの経歴やメンバーズに転職した経緯について、教えてください。

新卒当時は、Web制作会社でエンジニアとして大規模なWebサイトリニューアル・フロントエンド開発・バックエンド開発を経験し、その経験を活かし医薬品会社の新規事業室で、1年ほど自社製品のメディアサイト、ECサイト、アプリ運用をしていました。メディアサイトのアクセス数、ECサイトの売り上げも好調に進み「新規事業室」から名称が付いた課になるまで成長できたのですが、残念ながら会社の判断で撤退することになりました。

転職をするにあたり、エンジニアとしての経験・新規事業で得た経験の双方を活かせる会社で働きたいと思い、企業毎に専任チームを配属し、Webサイト運用に強みのあるメンバーズに決めました。
 
 
その他にも、メンバーズに決めた理由はありますか?

メンバーズに転職を決めた最大の理由、一緒に働きたいと思える方が非常に多かったからです。実は、入社前にメンバーズ社員の方と同じ案件を担当する機会があったのですが、皆さん仲間意識が非常に高くいい方ばかりで、もっと一緒に働きたいなと思うことがありました。

また、メンバーズが成長していく過程を2011年から見ていることになるのですが、会社としてビジョンに掲げた目標を必ず達成させる点も魅力に感じています。

わかりやすい例でいうと、2014年に発表された「VISION 2020」の中で当時300名程度だった社員数を2020年には1,000名まで増やすというビジョンがありました。当時聞いたときは「1,000名すごいなー。そんなに増やせるのかなー」と疑問に思っていたのですが、2020年4月時点で1,200人を超えていました。昨年発表されたVISION2030では社員数1万人が目標となっていますので2030年の社員数も楽しみにしています(笑)
 
 
ご自身が得意としている領域について教えてください。

エンジニアとしてJavaScriptを使った開発案件が多かったので、JavaScriptが最も得意な領域だと思っています。最近はテクニカルディレクターとして活動していますが、エンジニアとしての経験があるので、スピーディーに仕様を決められるところも強みと感じています。
 
 
エンジニアの経験から、今注目している技術はありますか?

テクニカルディレクターの目線で注目している事柄になってしまいますが、Adobe社が提供しているソリューションの1つに「Adobe Experience Manager(AEM)」というCMSがあります。

多言語を扱うのが得意で翻訳を翻訳ベンダーに依頼するフローが備わっていたり、DAM(デジタルアセット管理)機能が充実していたり、パーソナライズやレコメンデーションができるAdobe Targetというソリューションと連携することができたりと、今まで触れてきたCMSにはない機能が多いので気になっているCMSです。

実際にご支援している企業さまでもAEMを活用されていて、その魅力を感じています。

関連記事:航空事業の1本足打法から脱却せよ!ビジネスモデル変革のカギは、高いチーム力にあった

メンバーズについて

メンバーズの特徴だと感じること、入社してみてのギャップはありましたか?ぜひ、良いことも悪いことも包み隠さずお話しください!

以前からメンバーズと関わりがあったこともあり、入社前後でマイナス方向なギャップを感じたことはないですが、仲間意識が非常に高く誰かが困っていると手助けをしてくれる人が必ずいます。ただ手助けをするだけでなく1人1人が成長できるようアドバイスや考え方もインプットしてもらえるので、案件を終えるたびにチーム全体で成長しているように思います。

もう1つ今までの会社と大きく違う点として、毎年多くの新卒社員が入社してくるのでやる気と活気にあふれていて、新卒メンバーからやる気をもらっています。
 
 
信森さんは、メンバーズに入ってディレクターに職種を変えられていますよね。メンバーズのキャリアの選択肢について、どのように感じていますか?

メンバーズでは決まった路線でキャリアを積んでいかないといけないという固定概念がないので、自分が思い描いているキャリアを実現できる会社だと感じています。

ずっとエンジニアでいたい方はエンジニアのままでいることもできますし、自分のようにエンジニアからディレクターに路線を変えることも可能です。
 
 
就業環境、働き方についてどうでしょうか?

メンバーズには拠点が東京本社のほかに仙台・北九州・神戸にあり、拠点間では必然的にリモートで働いていたので、コロナ禍でも抵抗感なくリモートワークへシフトできました。今は週2で出社し、残り3日はリモートワークしています。出社する際はチームメンバーとのコミュニケーションを以前よりもとるようにし、リモートワークの日は通勤時間がないので家族と過ごす時間を大切にしています。出社と在宅のちょうどいいバランスだなと思っています。

20211221_2_2

EMCカンパニーの顧客専任チームでの仕事というスタイルについてどう感じていますか?

過去に務めた制作会社では様々な企業サイトのリニューアルや各種CMSの構築案件を経験してきましたが、1つの案件に深く関わりたいという気持ちがありました。顧客専任チームというのはお客さま企業について深く知り、ご担当者と関わりを持つことができるのでとてもいいスタイルだと思います。

お客さま企業の各システムや構築についても知るチャンスがあるので、エンジニアにとっても非常にいい経験となります。私自身も専任チームの一員として配属されていますが、今まででは考えられないほど、お客さま企業のシステムに深く関わることができているのでとても刺激的です。

未来の仲間へのメッセージ

最後に、メンバーズへの転職を検討している方に、どういう方に仲間になって欲しいか。どういう人が向いていると思うかなど、メッセージをお願いします!

先ほどもお話しした通り、メンバーズでは、2030年までに社員数1万人に成長することを目標にしています。年間を通して見れば新卒社員の割合が多いですが、新卒社員や若手社員の力を引き延ばす人材も求められています。なので、仲間のことを考え働ける方や若手社員の育成が好きな方はメンバーズにフィットすると思います!

20211221_2_3

【オンライン説明会】毎週木曜、キャリア採用の方向けに開催中!
ランチタイムに30分で気軽に参加可能。EMCカンパニーの事業内容やキャリア・働き方などをご説明しています。ご飯を食べながらでもOK、もう少し知りたい、聞いてみたいことがある方、お気軽にご参加ください。
予約・詳細はこちら

【EMCカンパニー】Webエンジニアの求人情報はこちら
【EMCカンパニー】テクニカルディレクターの求人情報はこちら

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。