皆さんこんにちは!採用広報の上野です。
今回は、コーディング・デザイン・ディレクションと幅広い業務を経験し、現在はデータ解析スキルを武器にテクニカルプランナーとして活躍する佐藤正啓をご紹介します!

20210604_kv

佐藤正啓

東北芸術工科大学、グラフィックデザイン学科出身。大学ではWebデザインや広告デザインを学び2015年3月にメンバーズ入社。
入社後は大手クレジットカード会社さまの案件でコーディング、デザイン、ディレクションを幅広く経験。数年間PDCA運用ディレクターとしてオウンドメディアサイトの運用をしながら改善施策を実施。

現在どんな仕事をされていますか?

現在は外資系消費財メーカーさまの案件に所属し、お客さま先に常駐して開発案件のディレクションや、施策実施後の効果測定などを担当しています。仕事でアナリティクスツールを使うことが多く、今まではAdobe Analyticsを使っていたのですが、最近heapという国内でもあまり導入されていないアナリティクスツールに移行し、これが英語限定のツールなので毎日苦戦しています。しかし、まだ誰も精通していないからこそ、このツールで何ができるのかを調べ、新しい発見を見つけていくことがとても楽しく、やりがいを感じています。

これまでの仕事で転機になったことは何ですか?

入社3年目の頃に大手クレジットカード会社さまの案件で、オウンドメディアサイトのPDCA運用を任せてもらえたことです。
それ以前はバナー制作や、コーディング、ディレクションなど、主に制作業務をメインで担当していたのですが、アクセス解析の実務経験やお客さまに対面で資料を説明をする経験が全くない状態からのスタートで苦労しました。

もちろん社内メンバーからのサポートはあったのですが、自身のスキル不足を痛感し、自分でも解析に関する本や、ネットで公開されてる提案書などの資料を読んで、スキルをいち早く習得することに努めました。
そうしていくうちに、少しずつ解析スキルも身につけることができ、データを分析することで人の行動を読み解くことが面白いと感じるようになりました。さまざまな数値結果から、現状は何が課題でどう改善すればよいのかがわかり、それを提案に活かせることにやりがいを感じました。

しかし、最初の頃は提案してもなかなか通らず…。そんな中でも、わかりやすい資料にするために見せ方や話し方など工夫したり、数値レポートの資料は数字が多く読みづらい資料となりがちなので、インフォグラフィックなどの本を参考に資料内のグラフで言いたいことが伝わるよう見せ方を工夫したりするなど、アクセス解析以外のスキルも磨くようにしました。

そしてお客さまに資料の説明をおこなった際の反応を見ながら、良いものは継続し、イマイチなものは見せ方を変えていくことを毎回実践することで、次第に提案が通るようになり、自信にも繋がりました。

それに加え、お客さまは自分に何を期待しているのか、またビジネスと自分のクリエイティブスキルをどのように組み合わせればベストな成果を出せるか、という考え方ができるようになったことが、自分自身の大きな変化だと考えています。

20210604_1

佐藤さんが考えるメンバーズの強みは何ですか?

僕が考えるメンバーズの強みは2つあります。
1つめは、プロデューサーやデザイナー、エンジニアといったさまざまな職種が1つのチームを組んで仕事をしている点です。特にEMCカンパニーはそれぞれのお客さまに対して専任のチームで支援しているので、各職種の領域で何を担っているかが見えやすく、業務の全体像が理解しやすいです。

2つめは、手を挙げれば何でもチャレンジできる環境という点です。
例えばクリエイターがアクセス解析の知識を身につけたり、プロデューサーがエンジニアリングスキルを身につけたりと、職種に関係なく幅広いスキルを磨けます。
また、社内公募制度やカンパニー社長公募制度なども活発に活用されているので、意欲があれば若手・ベテラン関係なく挑戦できる風土だと思います。

今後の目標を教えてください

成果向上型の運用の立ち上げをしたいです。前の案件では、前任者が提案して導入したPDCA運用を引き継ぐ形で担当したので、今度は提案・導入のフェーズから推進していく経験をしたいと考えています。
また育成面では、僕が経験したように「お客さまのビジネス成果向上のために何ができるか?」を考えられるクリエイターを増やしていきたいです。良いアウトプットを出していくのはもちろんですが、お客さまにとって本当に必要なものは何かを考えられる人はより活躍できると思っています。

20210604_2

最後に学生へメッセージをお願いします!

スキルの専門性を高めていくことも大事ですが、プランナーやデザイナーという職種や肩書きにこだわりすぎず、いろいろな業務を経験していく中で一番楽しいと思える仕事が見つかると思いますし、メンバーズはそれができる会社です。
普段から情報収集するのが好きな人、また、客観的な視点でデータを活用するため、論理的に物事を考えられる人が向いていると思います。そして、何かに取り組む際、自分で目標を立てて、その達成に向けた具体的な行動を積み重ねていける人はよりおすすめだと思います。

また、メンバーズに入社する上で現時点でのスキルは重要ではなく、スキルを身につけるた
めに学び続けられるかという点が重要だと思います。今後も新しい技術はどんどん出てきてトレンドも早いスピードで移り変わるので、そういった状況でも楽しんで知識を学んでいける人は、ぜひテクニカルプランナーコースにご応募ください!

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。