20210510_kv

AIとは

AIとは、一言で言えば「人間の知能を模したふるまいをするコンピュータプログラム」のこと。特に画像や音声の認識、過去データからの予測分析、自然言語処理などを得意としています。

近年のAIの発展の背景には、「機械学習」と「深層学習」という技術が重要な役割を果たしました。

機械学習とは、ビッグデータと呼ばれる大量のデータをコンピュータに入力し、特徴量(対象を認識する際に注目すべき特徴を定量的に表したもの)からAIに知識を習得させる技術のことです。そして、その特徴量を人間が入力して調節するのではなく、コンピュータ自身が獲得できるようにした技術を深層学習といいます。

深層学習の登場によって人間の手を借りずにコンピュータ自身が知識を獲得できるようになったことで、人工知能技術の汎用性は飛躍的に高まりました。そのため、深層学習は人工知能における近年のブレイクスルーと言われています。

AIをビジネスに活用するメリット

それでは、AIを使うことはビジネスにどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょうか。

プロセスの自動化

AIがもっとも活用されるビジネス機会として、プロセスの自動化があります。人間が機械に手順や基準を与えて、それに従って作業を実行する自動化プログラム自体は過去にもさまざまな場面で使われてきました。

しかし、先述したようにAIは人間がアルゴリズムを調整しなくても、過去に与えられたデータから自律的にルールや判断基準を見つけ出して作業を実行できるので汎用性が高く、これまで以上に広い領域で作業の自動化を実現してくれています。

解析精度・速度の向上

AIは、分析における解析精度や解析速度の向上も実現します。AIは膨大な量のサンプルデータを読み取ることでパターンを検出して、対象の特徴量を把握します。

AIは人間よりも効率的に大量のサンプルデータを学習でき、人間では気づけないようなパターンや特徴も見つけることも可能です。

AIが満たすビジネスニーズの例

上記のようなメリットが得られることから、AI技術は多様なビジネスモデルの改善に活用されています。

AIがどのようなビジネスニーズに応えているのかについて、具体的な事例とともに見ていきましょう。

反復作業の自動化

先述したように、人間が時間をかけておこなうタスクのなかには、AIが自動化できるものが多くあります。

情報取得や入力作業、検証作業などの定型的なタスクは、従来もAIを用いないプログラムやソフトウェアによって自動化されてきました。しかし近年ではAI技術の登場によって、複雑なエラー処理や非構造化データの読み取りなど、非定型的な作業の自動化も可能になっています。

さらに、プロセスの分析や改善を自動化し、意思決定まで下すことのできるAIも登場しました。これらのAIは、認識技術や自然言語解析技術、学習機能などによって曖昧な情報や不足している情報を補いながら作業することができるとされています。例えば、日本語の対話ができるAIエンジンを活用して、対話をするだけで必要なデータの入力が完成するというRPAツールをNTTコミュニケーションズが開発した事例などが挙げられるでしょう。(※)

※:COTOHA® Virtual Assistant

異常値の検知

AIは人間が気づかないような特徴量を発見することも得意です。また、人間とは違い、24時間休まずに監視して、即座にアラートを上げることもできるので、異常値の検知に非常に役立ちます。

ビジネスの場面で使われている具体的な例としては、迷惑メールの判定、クレジットカードの不正検知、生体認証によるセキュリティチェック、建造物の点検、製造業における異物混入や不良品の識別などが挙げられます。

需給予測・在庫管理の精緻化

予測もAIが得意とする領域です。AIは時間とともに値が変化する時系列データを元に、将来の値を予測するアルゴリズムを構築することができます。

ビジネスではこのAIの特徴が、商品の需給予測や在庫管理に用いられます。正確に重要を予測することは、マーケティング、商品開発に貢献するほか、廃棄と余剰在庫を減らすことに繋がります。店舗やECの経営ではこれらのコストが大きくのしかかってくるため、AIの働きは重要です。

チャットボットによるFAQ解決

自然言語処理などの人工知能技術を組み合わせることで、チャットボット(人の質問に機械が答えを返す自動対話システム)を実現できます。

FacebookやMicrosoft、LINEなどのシステム上で彼らが提供するAI技術を用いて、数々の企業がマーケティングやカスタマーサポートを目的としたサービスを展開しているので、ご存知の方も多いでしょう。

また、チャットボットはそれだけでなく、社内のナレッジベースを従業員に共有する目的で導入されていることもあり、バックオフィスやサポートに携わる部署の生産性向上、オンボーディングや研修の場面での社員のエンゲージメントの向上などにも貢献しています。

AIとビジネスの今後

AIは人間の働き方やビジネスへの取り組み方を大きく変えると予想されています。

特に、近年は政治家やビジネスリーダーの間で、AIと人間が補完的に働くようになるという見解が広く認識されてきました。例えば、IBMの元CEOであるジニー・ロメッティ氏は2018年のWall Street Journal紙の論説で、AIがビジネスに与える影響について以下のようにまとめています。(※1)

AIは、「拡張された知性」として理解されており、人間の認知機能を代替するのではなく、補完するものです。[…]学習するソフトウェアは、ソフトウェア自身と人間の両方を、私たちが想像していた以上に賢くするでしょう。

また、米国のマーケティング支援企業NextRollのCEOであるロビン・ボルドリ氏も同様に、は、AIは人間のビジネススキルを補完するものであるとして、以下のように述べています。(※2)

AIが他のテクノロジーと違うのは、人間と機械の距離を縮めることです。AIは、機械が人間に取って代わるという誤ったイメージで語られることがあります。しかしそうではなく、AIは人間の能力を補強する存在です。人間と機械は相対的に異なる強みと弱みを持っており、この2つを組み合わせることで、人間の意図やビジネスプロセスを10倍、100倍、そして今後数年でそれ以上に拡張できるようになるでしょう。

より長期的には、自律的に意思決定して行動するAIが人間の仕事を置き換え、「すべての現役世代を雇用するだけの意味のある仕事はほとんどなくなる」という予想もあります。(※3)しかし、「AIによるポストワークの世界への移行は、何十年もかかる」ともされており、それまでは人間がAIを活用するというかたちでビジネスでも役立てられていくことでしょう。

※1:Ginni Rometty on How AI Is Going to Transform Jobs—All of Them

※2:How Artificial Intelligence Can Help You Get 100x More Work Done

※3:Artificial Intelligence And The End Of Work

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。