2020年12月27日、株式会社メンバーズの採用担当主催でトークセッション型のオンラインイベント「なぜ常駐型ディレクター?3年以上在籍する中途社員によるパネルトーーク」が開催されました。学生、中途内定者、選考中の方々にオンラインでご参加いただきました。本コラムでは、デジタル人材事業の堀川、川口、水門によるセッションの模様を、前編、後編の2回に渡ってお届けします。モデレーターは採用広報担当の小島が務めました。コロナ禍において新たな働き方へのシフトが広がる昨今における、キャリア形成のコツについて語り合います。個人にフィットする働き方を見つけるコツとは。

スピーカー

20201222_sub01

堀川 尚吾(ほりかわ しょうご)
メンバーズキャリアカンパニー Webクリエイターグループ所属。2017年中途入社。デジタルクリエイター執行役員としてメンバーズキャリアカンパニーの組織改善にも尽力。大手プロバイダー企業にチームで常駐。案件拡大・増員・人材育成に注力。Webプロデューサー。ファーストキャリアは医療系営業職。コロナ禍は週2出社、週3在宅勤務。

川口 恵美子(かわぐち えみこ)
メンバーズキャリアカンパニー Webクリエイターグループ所属。映画配給会社でのITサポートや外資でのカスタマーサポートなど幅広く経験後にWeb業界へ。きっかけは趣味の音楽。とあるバンドのファンサイトを立ち上げて、世界中の人と繋がる楽しみとWebを作る楽しみを知ったことから。2014年中途入社。複数の常駐先を経験。広告代理店でのWeb広告のデザイン兼ディレクションや開発案件等に従事。現在は大手EC系メガベンチャー企業常駐。Webディレクター。コロナ禍はフル在宅勤務。

水門 浩(みと ひろし)
メンバーズキャリアカンパニー Webクリエイターグループ所属。アパレルの販売、買い付け、広報関連の仕事などを経て、印刷会社のWeb受託制作の部門でWebディレクション兼デザインに従事。2017年中途入社。大手上場教育系企業に一人常駐。Webディレクター。趣味筋トレ。コロナ禍は週2出社、週3在宅勤務。

小島 京子(こじま きょうこ)/モデレーター
ビジネスプラットフォームカンパニー HRエンゲージメント室所属。2014年中途入社。中途採用、採用広報を担当。コロナ禍は週1出社、週4在宅勤務。

本コラムの前編はこちら

会社選びのコツは「歯車でなく推進力になれる会社かどうか」メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(前編)

 

デジタル人材事業の働く様子

小島:では日々のお仕事についてそれぞれ詳しく聞いていきます。

堀川:私は大手プロバイダー企業に常駐してWebサイトのリニューアルや新規機能の開発、サイト運用のディレクションを担当しています。お客様への提案活動や立ち上がったプロジェクトの管理をしています。管理しているのはコスト、スケジュール、体制、リスク管理などです。あとはメンバーズキャリアカンパニー(以下メンキャリ)のメンバーの増員の提案~受け入れ定着の部分にも力を入れています。

小島:増員や提案の部分はどんなことをされているんですか?

堀川:半期ごとなどのスパンでお客様の事業やプロジェクトの方向性の変化など大きく舵をとる場合があるので、担当者の方の置かれている状況、先々の方針などをキャッチアップしていき、「それは大変ですね、もしかしてメンキャリの体制を増やすことで協力できるんじゃないですか、ちょうどいい人が9月のタイミングで稼働が空いてますよ!」というような話をしていって、営業担当とも連携して話がまとまっていきます。私達が接しているお客様は会社を拡大していかなければいけないという責務を負っていることが多いので、今の既存の対応だけではなく、さらにプラスアルファ拡大していかなければという話になるので、今プロパーの方が担当している領域をメンキャリに依頼して、プロパーの方はさらに新しいことに取り掛かっていかなければという話が出てくるんですよね。

20201222_sub04

メンバーズキャリアカンパニー デジタルクリエイター執行役員 堀川 尚吾

小島:なるほど、そういったお客様の方針やスケジュールをしっかり把握して、適切なタイミングで状況を確認したり、自社での稼働が空いているクリエイターの情報をしっかりキャッチしておいて、お客様のお困りごとに応えていく準備をされているんですね。その後は、新メンバーの常駐が確定したら定着に向けてフォローアップという流れになるんでしょうか?

堀川:お客様と新メンバーが会う前に、私は1回必ず新メンバーと会うようにしていて、チームにフィットしそうかを確認して、その上で、この人とやりたいんだとお客様に会ってもらうようにしています。そうすると新メンバーもお客様も安心して、チームへの参画を進められることが多いです。

小島:いいですね。新メンバーも先に常駐しているメンバーから様子が聞けると、活躍の仕方を思い描きやすいですよね。あと、堀川さんは自分の常駐先だけでなく、執行役員としてメンキャリ全体の事業推進に対して何か取り組んでいることはありますか?

堀川:現在進めていることは、スキルシートの運用改善を進めています。スキルシートとは、クリエイターの簡易なポートフォリオで、その人のこれまでの実績や何ができるかを明確にした社内資料です。今までの運用では稼働が終了したタイミングで最新化をしてきましたが、常駐し続けているクリエイターも定期的にアップデートをしていく運用に変えようとしています。その浸透を今進めている所です。目的としては、スピーディーな営業活動を実現するのと、クリエイターの負荷を分散させるためです。稼働終了してからアップデートして営業活動をしていくと次の常駐開始までクリエイターを待たせてしまうことを改善したいのと、安定的に長期常駐している方も多くなって、例えば水門さんは3年同じ所に常駐しているので、3年分の取り組みをポートフォリオにまとめるとなると忘れてしまう可能性もあるので、しっかりと整理しつづけていく運用の方がクリエイターも楽だし、キャリアの振り返りやネクストアクション設定につながるのではないかなと思っています。少しの工夫でクリエイターにとっても、会社全体にとってもプラスになると思うので、ぜひそれを定着できたらと考えています。

川口:振り返ることで、次の目標も明確になりそうだし、3年分アップデートするのは大変だからコツコツやった方が良さそうですよね。3年経ってたら担当したサービスが終了していてキャプチャーを取ることもできなくなっていることもありそうですね。

堀川:そうそう、そうなんですよ。もったいないですからね。細かな実績をちゃんと記録しておくのは大事ですね。

小島:では次、川口さんの日々業務は何をされていますか?

川口:大手EC系メガベンチャーで新規サービス開発や運用ディレクションをしています。部門は20名位の規模で、10個のプロジェクトが動いていて、状況によって担当プロジェクトが変わりながら、タイミングによっては複数案件を兼務したりしながら業務を進めています。アプリ開発とか事業開発、要件に対する技術的な実現可能性を調査確認しながら使用設計を進めていくようなこともあります。ツールで使っているのは、最近はFigmaを使って進めることが多いです。詳細デザインの前にプロトタイプを作って、実際の見た目や動的なインタラクションを関係者と共有しながら進めることで、Figma導入前と比較するとはるかに効率化されました。在宅化がスムーズに進んだのも在宅開始前からチームでFigmaでの制作進行になれていたからというのが大きかったと思います。

20201222_sub08

メンバーズキャリアカンパニー 川口 恵美子

小島:リモート業務が捗るツールに慣れていたというのはすごくよかったですね。

川口:本当にそうですね、細かいニュアンスを伝えるのも全てFigma上でやりますし、バージョン管理もしっかりFigmaでできますし、デザイナーからコーダーにデータを渡す橋渡しもスムーズで、差異も発生しないし、コラボレーションに優れたツールで助かっています。2018年頃から常駐先ではFigmaを使うことを推進していて、当時はあまり使っている企業もクリエイターもいなくて大丈夫かしらと思っていたのですが、2020年現在ではかなりシェアも伸びているツールで、Figmaのおかげで楽しく業務を進められています。特にコロナ禍で新規ツールの導入もなかったので、混乱もなく、常駐していた時と同じ作業環境で業務が継続できています。

小島:フル在宅が円滑に進められたのは元々の基盤が重要だったんですね。では次、水門さんの日々の業務はどんなことされていますか。

水門:大手教育系企業でサイトリニューアルのディレクションが中心業務です。その他に既存サイトの分析や改善提案、InstagramやTwitterの運用などもやります。珍しい所だと、あまりメンキャリの同僚では少ないと思いますが、IT関連のサポートごとを依頼されることもあります。コロナ禍では、オンライン会議ツールやクラウドストレージのツール等、新たに導入されたツールのアカウント設定などもしました。現在は在宅と出社と半々程度で対応しています。

20201222_sub11

メンバーズキャリアカンパニー 水門 浩

小島:通常業務に加えてコロナ禍になかなか大変でしたね。では業務での楽しみを聞いていきましょう。

仕事の楽しみは、仲間の成長

堀川:楽しいことは「仲間の成長」ですね。特に若いメンバーを増員しているんですけど、新卒1年目のメンバーにチームに入ってもらって今3年目になったりしていて、やっぱり伸びしろが自分と全然違うんですよね。2年間で私ができるようになったことと、彼らができるようになったことを比較すると、どんどんできることが増えてくわけですよ。目に見えて成長していくので、見ていて本当に楽しいですよ。今こんなことまでやっているのか、ということがあったりします。

小島:そうですよね。また今の20代の方々はスマホネイティブ世代で、デジタルリテラシーが高い方が多かったり、私達30代40代が苦労して覚えたツールをサクっと使いこなしていたり、刺激を受けますよね。

堀川:若いメンバーの成長に携われるのは一番楽しいなという風に感じています。あとは執行役員業務の方で、自分の考えを周りに伝えて、周りの理解を得ながら進めていくことに楽しみを感じています。先程のスキルシートの運用改善のお話をメンバーにして、好感触をもらってやろうよと理解をしてくれて進められるというのが、スピード感を持ってできているので、やってて楽しいなという風に感じています。

小島:素敵ですね。一方で例えば先程のスキルシートの話だと、カンパニー社長や、営業担当の方々やクリエイターの方々、特に全くそんなこと考えてなかったクリエイターの人たちに説明をしていくってなかなか骨の折れることだと思うんですが、それをやろうと思える原動力はなんなんですか?

堀川:私は、バックオフィスとクリエイターの垣根をなくして、もっと会社を一つにしたいという思いが原動力になっています。それで両方にメリットをちゃんと伝えて、それを実現するのに個々人にかかる残業代とか、その対価としてこれだけの価値が出せるんじゃないかということを試算して、周りによりよくするアドバイスをもらったり、納得してもらったりしながら進めていくということを考えていて、まだトライ段階なので成果まで出せたらいいなと思って進めています。

20201222_sub09
小島:川口さん、水門さんは業務の楽しみはどんなことがありますか?

川口:やりがいのある業務を任せていただいていて、純粋に業務そのものが楽しいと感じています。マーケティング要素を取り入れてビジネス要件として設計したり、そういう所に自分の意見を改善案として提出して、企画案をまとめて結果の数字を見て、ということをスピーディーに進めていて、やりがいがありますね。

水門:自分はお客様に頼りにされることが一番の喜びです。お客様に寄り添って考えて、改善を進められるという所にやりがいがあります。常駐してチームのメンバーとしてバックアップできるということが大きいと思っていて、会社対会社の関係だとお客様も制作側も遠慮してしまうこともあると思うんですよね。でもチームの仲間として入ってしまえば、ここがダメですよねということを、社外から言うより受け止めてもらいやすいと感じます。現状の課題や生じた背景を一緒に理解した上で、一緒に改善していけるということが面白いと感じています。

今仕事で辛いことは、リアルで仲間に会えないこと

小島:一方で仕事の辛いことはなんですか?

堀川:今辛いことは「帰社会でリアルに会えないこと」ですね。帰社会がリアルではなくオンラインになっていて、それはそれで趣向を凝らして楽しいのですが。私はリアルで会えた頃の、帰社会本編が終わった後の懇親会の「乾杯の瞬間」が好きで。色んな人と最近何をやっているのか話したり、新入社員の方との出会いの機会になっていたので、リアルで会えず残念ですね。今は我慢の時ですね。

小島:そうですね。リアルでは隣り合わせた人同士の偶然の出会いとかありますよね。今全世界で同じ悩みが生じているかもしれませんね。川口さんは仕事で辛いこと、どうですか?

川口:最近はコロナ禍で長期プロジェクト後の打ち上げがないというのは辛いですね。ともに頑張った仲間を労ったり、感謝の気持ちを直接伝えられないのが非常に残念です。そういうイベントがないので心の切り替えができないというか、疲れを引きずったまま次のフェーズに突入する形になっていると思います。今になってリアルで会えた時の雑談というのが本当に大事だったんだなと思っています。

小島:川口さんは現在9ヶ月以上オンラインだけで業務を進めていますが、プロジェクトごとにチームを組んで業務して解散して、また新しいプロジェクトのチームを組んで業務して解散してという形で、長いもの短いもの様々な業務をされてきたと思うんですけど、チームビルドとか、うまく円滑にチームに馴染むためにやってることなどありますか?

川口:オンラインでしかお会いできないので、初めのアイスブレイクの所で些細な変化をキャッチしたり、少ない情報の中で関係性の構築をしていくように心がけています。細かいコミュニケーションを取って、仲良くなってチームが幸せに仕事ができるように努めています。

小島:楽しく仕事ができるポイントですよね。水門さんは仕事で辛いこと、どうですか?

水門:メンバーズから今のお客様先に常駐しているのが一人で、さらに守備範囲外のことも依頼されている状態なことですかね、、でも頑張りますよ!頼りにされることはとても嬉しいことなので。ただ仲間はほしいですね。堀川さんに一度来てもらって増員の必要性がないか探ってもらいたいくらいです。

小島:一人常駐たしかに、お客様とチーム感があるけど、やっぱりメンキャリの同僚と対応できたら、と思いますよね。

多様な価値観を尊重できる仲間がいる組織

小島:では次の質問。メンバーズ、メンキャリはどんな人が多いと思いますか?

水門:色んなジャンル、色んな価値観の人がいる組織です。その上で、向上心の高い人や改善に対する積極性がある人は多いと感じます。Webの業界である程度スキルを磨いてきている方が多いので、改善思考や、新しいことをキャッチアップしてシェアし合うことに慣れている人が多いと思います。帰社会とか、委員会活動、研修とか勉強会でメンバーと接すると楽しいし、刺激を受けます。堀川さんとは今、隔週で打ち合わせしてますね。委員会活動を一緒にやっているので。今日も久しぶり感はないですね。川口さんも堀川さんもよく話す機会があります。

20201222_sub07
小島:そうなんですね。では川口さんは、メンバーズ、メンキャリはどんな人が多いと思いますか?

川口:お互いを尊重し、困ったときに助け合える仲間がいる会社です。今日一緒に参加している2人の同僚もそうですが、仕事以外にプライベートの悩み相談やくだらない世間話に耳を傾けてくれます。自分が長い間、この会社で働けているのは同僚の存在が何より一番大きいと思います。過去に同じ案件や研修で関わった方や、入社時期が近いメンバーと色んな話をしながら、仲間に助けられたと思うことが多かったです。くだらない世間話ができる同僚がいるかどうかは業務のモチベーションにかなり影響すると思っていて、私はとても助けられたし、逆にその方が困っている時には何とか助けたいと思うので、支え合いながら会社は成り立っているんだなと思っています。

堀川:私はクリエイターとして個性やこだわりを持った人が多いと思います。例えば今年度、新カンパニーのメンバーズブリッジカンパニーを立ち上げた温井さんは、昨年度はメンキャリでクリエイターファースト委員会の委員長をしていて、私も一緒に活動していました。個性的で、こだわりがあり、すごく会社を良くしていきたいという思いがとても強かったので、一緒に活動していても楽しかったです。他には、インプットとアウトプットをしっかりやってる方が多いなと感じます。メンバーズ全体でも学び合うことを推奨していますが、勉強会で若手に教えるために裏付けの情報を学び直したりとか、インプットとアウトプットをセットでやることで、より教えられる側にとって為になり、教える側にとっても学びが濃く深くなるという良い方向性ができているように思います。私自身は最初、勉強会に対して懐疑的で、そんなにためになることが得られる場なのか?と疑問視していたのですが、実際自分が体験してみると、人に何かを伝えるときには、伝え方も考えるし、調べるし、自分のやってたことがちゃんと正しいかどうか、業界的にすごいのかそうでもないのか、多くの人に伝える前に周りに聞いたりする中で、新たな気づきや改めて学び直す機会になります。そういった人々の実体験や調査の上での発表が集まる勉強会は貴重な話が聞けるので、なめてはいけないなと感じました。インプットとアウトプットの癖がついてるというのはすごい良いことだなと思っています。

キャリア形成のよいスパイラルにのるには

小島:少し話は変わり、みなさんのキャリアはどんな風に形作られたかというお話を聞きたいです。堀川さんにお聞きしたいのですが、仕事に前向きに取り組み、機会を与えられて、目標達成して評価されてという、キャリアのいいスパイラルにのっていく、というその前段階として、前向きに取り組んでいこうというモチベーションはどんな所から出てくるのでしょうか。

堀川:そうですね。「これできたらレベルアップだな」みたいな自分の中で、これができたらもっとすごいんじゃないかなみたいな考えを持っていますね。今は結構、自分の娘とかにその姿を伝えられたら印象に残る父親になれるかなあとか、一緒に仕事している後輩たちに背中を見せて、頑張ろうと思ってもらえたら嬉しいなという所です。自分の頑張りを見てもらって、周りの成長に繋がったらすごく嬉しいと感じます。家族や一緒に働く頑張ってる仲間が原動力になっています。

小島:なるほど。ありがとうございます。川口さんにもお聞きしたいのですが、川口さんは派遣スパイラルから抜け出したいとメンキャリに入られて、これまでの業務も難易度の高い業務にステップアップしてきたように拝見していますが、常駐業務はアサインの運もあると思います。うまく自分が期待する業務を得るためのコツなどはありますか?

川口:コツですね。自分が待っているのではなく、得意な領域や、興味がある分野、ポテンシャルを含めて共有するようにしています。例えば常駐先のチームミーティングの中で、得意なテーマを皆さんにレクチャーしたりしながら、自分に「タグ付け」「キャラ付け」をしてもらうようなイメージで、やりたい領域を得意な人だと認識してもらうようにしています。それによって、お客様にも得意領域で呼ばれたり、そうして実績になると営業担当にも認識されたり、次の仕事に繋がっていっていると思います。

小島:なるほど、タグ付けを意図的にしていくというのはとても素敵ですね。川口さんといえばコレというのがあれば、オンラインだけのコミュニケーションの現在にもマッチしていますね。参考になりますね。続いて水門さんにもキャリア形成についてお聞きしたいのですが、身につけたスキルや知識を活かす業務を挑戦させてもらうために努力されたことなどはありますか?

水門:やりたいことを任せてもらうためには実績を築くことも大事だなと思っていて、あまり好きじゃないと思うようなことも率先してやったり、初歩的な仕事でもコツコツ積み上げることを大事にしています。最初に任されたことが自分のやりたい業務ではなかったとしても、しっかり成果を出して信頼を積み重ねていくようにしています。

常駐のデメリットは? リモートコミュニケーションのコツは?

小島:ありがとうございます。では質疑応答に移ります。「受託と比較した時の常駐のデメリットは何ですか?」

水門:常駐する環境にもよりますが、常駐先で業務で使うツールの他に、メンキャリのツールで勤怠を記録したり、経費精算したりするので、使うツールが多くて覚えるルールが多いというのはあります。例えば自分みたいに一人常駐だとメンバーズの勤怠や経費精算について気軽に聞ける人がいなかったりということがあったりします。

小島:確かにそうですね。次の質問「自社と常駐先とか、同僚同士とか、リモートでのコミュニケーションで大切にしているコツ」これはコロナ禍で、常駐事業ではない会社内でも参考になる部分があるのではないかなと思うのですがいかがでしょうか。

堀川:チャット中心になりがちなんですが、チャットより電話、電話よりオンライン会議、それより対面、という形で、業務がうまく進むためにどんなコミュニケーションを取る必要があるかを見極めるようにしています。チーム内であまりコミュニケーションがとれていないメンバーは共有されているカレンダーをチェックして出社タイミングを合わせてみたり、場合は対面を選ぶようにしています。

小島:なるほど。川口さんは完全オンラインですがどうですか?

川口:事業の方や開発の方と話をする時に取り違えたりミスコミュニケーションしてしまうようなことがあったりすると思うのですが、そうした小さな差異が大きな開発遅延につながると取り返しがつかなくなったりするので、私達は共通言語で話せるように、用語のルールやガイドラインを先に作っておいて、開発にあたってブレが生じないようにしています。例えばアプリの開発だと、ヘッダーとかトップバーとか呼び方、キーワードのブレが生じることがあるので、認識合わせをして、社内wikiのツールに入力しておいて、みんながいつでも参照できるようにしています。開発を依頼した箇所について、お互いの認識がずれているということもなくなります。チームで他人同士が集まってひとつのものづくりをしていく上で、重要な要素だと思います。

小島:具体的な改善案ですね。ありがとうございます。

今後の私達が予定している社会人向けのイベントは、毎週中途採用の会社説明会と、月1で開催しているWebディレクター向けの公開研修があります。こちらのWebディレクター研修には川口さんも企画に携わっています。ぜひ興味がある方はご参加ください。本日はありがとうございました。

中途採用の会社説明会(毎週開催)https://recruit.members.co.jp/event/companies/
Webディレクター公開研修(月1開催)https://members.connpass.com/event/204501/

今後もこのようなイベントレポートの公開を予定しています。記事更新の通知はTwitterでお知らせします。ぜひフォローをお願いします!

https://twitter.com/Members_hr

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。