2020年11月27日、株式会社メンバーズの採用担当主催でトークセッション型のオンラインイベント「なぜメンバーズ?5年以上在籍する中途社員パネルトーク」が開催されました。メンバーズのインターンに参加した学生や、中途採用の選考中の方々にオンラインでご参加いただきました。本コラムでは、EMCカンパニーの杉浦、新倉、齊藤によるセッションの模様を、前編、中編の2回に渡ってお届けしてきました。最後となる後編では、トーク後の質疑応答をお届けします。モデレーターは新卒採用担当の佐藤が務めました。新卒で入社する企業は重要か?会社を選ぶ際に見ておくべき点は?コロナ禍でチーム内でコミュニケーションを活発にする秘訣は?など、学生だけでなく社会人の問いにも回答しています。個人個人にフィットする働き方を見つけるコツとは。

スピーカー

20201127_sub01

杉浦 英明
EMCカンパニー BU(ビジネスユニット)1-4所属、マネージャー・ユニットプロデューサー。メンバーズ入社前10年程、SI企業に勤務。開発・サーバー構築など。フリーランスでWebサイトの構築やデザインも。2015年中途入社。メンバーズ入社後は金融系のサイトリニューアルをシステムベンダーと共に進行。その後リニューアルプロジェクトのプランニングなど。現在のメイン顧客は大手自動車メーカー、生活支援サービス会社。

齊藤 歩
EMCカンパニー BU6-SDA(サービスデリバリーアーキテクト)所属。マネージャー・ユニットプロデューサー・テクニカルディレクター。Webの仕事の前はトリマー。メンバーズ入社前の会社で自社サービスのフロントエンド+バックエンドの開発。2011年中途入社。メンバーズでは技術面に強いディレクターとしてお客様の相談役、若手育成も担当。

新倉 文実
EMCカンパニー SU(サービスユニット)-PS(プロフェッショナルサービス)3所属。Webの仕事の前は歌舞伎の着付師。2014年中途入社。SNS運用支援チーム、産休育休を経て、現在はグローバル&インバウンド支援。インドネシアで展開されているApp開発サポート、インバウンド向けサービスの新規事業立ち上げ支援などを担当。

佐藤 静(モデレーター)
ビジネスプラットフォームカンパニー HRエンゲージメント室所属。2016年新卒入社。銀行に常駐してサイト更新や改善提案に従事。2019年2月異動以降は新卒採用を担当。

 

本コラムの前編はこちら

会社選びのコツは「自分の人生を豊かにできるか」 メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(前編)

本コラムの中編はこちら

会社選びのコツは「自分の人生を豊かにできるか」 メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(中編)

 

社会人歴10年以上から見たファーストキャリア

佐藤:質疑応答を進めていきましょう。参加者の多くの方が聞きたいと賛同した質問から順に聞いていきますね。「皆様社会人のスタートは別の仕事をされていますが、新卒で入社する企業が重要だと聞きますが、皆様はどうお考えですか?」いわゆるファーストキャリアと言われるものですね。

齊藤:最初にどこに勤めるかという話で言うと、私はあんまりどこに勤めようが関係ない派です。私のファーストキャリアはトリマーの仕事でしたが、いわゆるブラック寄りの職場環境で、退職した理由はシャンプーのし過ぎでのドクターストップだったんですけど、あの環境で頑張った経験がなかったら、今この仕事をやる素地になってなかったと思います。すごく人や環境に恵まれた所で得るものが多い職場もあると思うし、あれこれ不足した恵まれない環境でも成長することもあると思います。

佐藤:なるほど、環境もあると思いますけど、切り開いていくのは自分ということですね。

齊藤:楽しいとか、興味があるとか、面白いと思える仕事かということの方が重要に感じます。

佐藤:そうですね、学生目線だと、学んだ領域によって就職しやすい業界などはあるかもしれませんが、別な領域にチャレンジされて活躍している方も多いですし、本当に思いも寄らないような経歴で活躍されている方がいるので、うまくチャンスを捉えてもらえたらと思います。では次の質問「新卒として会社を選ぶ際に見ておくべき点、知っておくべき点など、過去を振り返ってあったら教えてほしい」

杉浦:その会社の中の人がどんな人かは、今日のこういう場もそうですが、自分と合ってるかを測りやすいと思うので、そのあたりを見ておいた方がいいかなと思います。

佐藤:確かにそうですね。Twitterやイベント、コラムなど会社の様子がわかるものはぜひ目を通していただければと思いますし、面接などで固くて普段の様子がわからないような会社は、OB訪問アプリとかいろんな形で社員の方とお話できるような機会を持つ方法があるので、そういうものも活用しながら情報を探してみていただけたらと思います。では次の質問「中途でチームに馴染むために苦労などありましたか?またチーム内でコミュニケーションを活発にするために行っている工夫などがありましたら教えて下さい」

新倉:苦労はなかったですね。みんなウェルカムで、当時ウェルカムランチがあって、逆にそんなに絡んでくるの?という位、仲良くしてもらいました。コミュニケーションを活発にするための工夫は、今は週1出社があるかどうかの状態で、ほぼリモートコミュニケーションなんですけど、うちのチームはグループチャットでコミュニケーションが活発に行われてます。週1出社の時に「明日出社します」と宣言するんですが、「私も行くからランチしようよ」とコミュニケーションが生まれたりしています。

一緒に働きたいのは、失敗を恐れず取り組める方

佐藤:そうですね、結構みんなチャットを活用してますよね。私達のチームも日報に今日の一言というのを付けてコミュニケーションしてたりするんですが、それぞれのチームでそういうことしてる所が結構あるかなと思います。次の質問「みなさんはどんな新卒と一緒に働きたいですか?」

齊藤:語弊を生む言い方かもしれませんが、明るくて素直で一生懸命な方です。いまスキルがどうこうというより頑張る意欲がある方が本人の成長も早いです。折角なら一緒に楽しく働きたいなと思うので、自分まだまだなんで、というより、やったことないけど挑戦してみるのでフォローお願いしますぐらいの方が、いいかもと思います。一生懸命真面目に素直に取り組んでくれる方がいいなと思います。

佐藤:私齊藤さんで印象的なのが、「担当する若い方が失敗してくれないのよね」と言っていたことで。失敗してもいいからやりたいと挑戦してくれる若手を、みんな喜んでフォローしてくれるので。

齊藤:私も上司に「失敗しても自分が責任取るから」と言ってもらうこともあります。ありがたいことに。そう言われることで逆にしっかりやらなきゃと責任も感じますし、若いメンバーにも伸び伸びと活躍してほしいと思っています。そういう所がこの会社は幸せだなあと思う所ですね。

佐藤:ありがとうございます。杉浦さんはどうですか?どんな新卒と働きたいですか?

杉浦:本当同じような感じですが、とにかく明るい方がいいですね。最近お客さまと話していた時に「メンバーズさんはとにかくみんな明るいですね!」と言われたんですよ。メンバーズが今やっている領域も、世の中にないサービスやプロダクトを作ろうとしていて、そういう時ってうまくいかないこともあるわけで。そう思うと、次また頑張ろうと進んでいけるような人の方がいいのかなと思います。新しいものを作り続けていく時に、明るい方がいると、みんなの心理的な障壁も下がって、チームワークも良くなります。元々明るい性格じゃない人も、思ってることをなるべく言う事はすごく大事なことだと思います。私はとにかく明るい人と働きたいです。

佐藤:ありがとうございます。新倉さんはどうですか?

新倉:私もとにかく明るいのはいいと思います。似た事になりますが、瞬発力があるといいなと思います。最初のうちは何しても許されるけど、しないことは逆に怒られたりすると思うので、サポートしてもらえるうちに色々経験した方がいいので、失敗を恐れず、失敗しても明るく乗り越えていけるような方と一緒にお仕事したいなと思います。

自社開発と受託開発の違い

佐藤:ありがとうございます。では齊藤さん向けの質問「自社開発と受託開発ではどのような違いがありましたか」。自社でマーケティングやる担当者になるのか、受託側に入るのかという部分も悩まれる学生さんも多いのですが、どうですか?

齊藤:自社開発だと、開発が好きというよりかは、そのサービスとか事業一色になりますゲームアプリでもWebサービスでもそうだと思います。例えば、ECサイトの事業をしている会社だと、取り扱ってる商品の知識やECっていう領域に対して詳しくなるし、同じサービスや技術に向き合って深堀りをしていく形になるので、そのサービスに興味があればすごく向いていて、この領域だったら自分に任せろ!という風になっていけると思います。一方で、受託開発だと、色んな業界を経験できるとか、一つやった知識が別な開発でも活かせるという面白さはあるので、デジタルとか開発の「技術」を極めていくにはよい環境だと思います。ですが、自社開発ほど、一つの業種やサービスに対する経験値は上がりづらいという側面もあります。なのでどっちが良い悪いというより、好き嫌いとか向き不向きというのはあると思います。私も転職活動の時に、前職は自社開発で、サービスを運営している会社にいくか、受託開発の会社に行くかで迷いました。私は飽き性なので、色んな事をやれる、それを組み合わせて別のものを作っていきたいという思いがあったので、受託開発を選びました。自社の方がエンドユーザーとダイレクトに関われるので面白いという人もいますし、それぞれ面白みはあると思います。さらに同じ受託の会社、自社開発の会社でも柔軟性がある会社かどうかなど差があると思います。今私が面白いと感じているのは、お客さまの色んな会社と色んなサービスに関わって、色んな会社の文化に触れられることです。メンバーズってお客さまのパートナーとして支援しているので、お客さまの一社員のような、本当に仲間として扱ってくれる会社さんが多くて、場合によっては受託でありながら、お客さま企業の一員として動くような、自社開発の一端を担っているような側面もあると感じます。

佐藤:なるほど、それでは次が最後の質問「今後の目標はありますか」

育成、新規事業の拡大、学び続けること。ベテラン社員それぞれの挑戦

齊藤:私はキャリアプランをしっかり固める方ではないですが、育成には関わりたい。普段若手のメンバーと働くことが多くて、未だに20歳のメンバーのメンター役に付くこともありますが、本当に吸収がすごく早いです。そういった方々が1年見ない間にかなり成長していたりするのを頼もしいと感じますし、若手のメンバーたちがめきめきと会社の一翼を担っていることに寄与できるのはやりがいがある、と近年感じています。多数の若い方々が、一人前になっていく所を見られて、会社の発展につながるし、会社は社会をよくしていきたいと事業をやっているので、そういった所に携わっていけたらなと思います。

佐藤:ありがとうございます。では次、杉浦さんの今後の目標は。

杉浦:退屈なことが嫌いなので、メンバーズって今後拡大していくビジョンを持っているので、今支援しているサービスだけでなく、新しい今後大きくなっていくようなサービス、今だとDXですけど、メンバーズのDXサービスを作っていって、事業をもっと拡大していけるようになりたいなと思います。

佐藤:ありがとうございます。では次、新倉さんの今後の目標は。

新倉:私は明確なビジョンがあるわけではないのですが、今やっていることが、0から1を作って、1から2にしていくということをもっとご支援できるように自分のスキルアップやメンバーズ内の体制づくりを担う一員としてやっていけたらと思っています。色んなことを現場でも学びつつ、自分でも外部からも学びつつやっていけたらと考えています。

佐藤:本日はありがとうございました!

 

本コラムの前編はこちら

会社選びのコツは「自分の人生を豊かにできるか」 メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(前編)

本コラムの中編はこちら

会社選びのコツは「自分の人生を豊かにできるか」 メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(中編)

 

今後もこのようなイベントレポートの公開を予定しています。記事更新の通知はTwitterでお知らせします。ぜひフォローをお願いします!

https://twitter.com/Members_hr

 

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。