2020年11月27日、株式会社メンバーズの採用担当主催でトークセッション型のオンラインイベント「なぜメンバーズ?5年以上在籍する中途社員パネルトーク」が開催されました。メンバーズのインターンに参加した学生や、中途採用の選考中の方々にオンラインでご参加いただきました。本コラムでは、EMCカンパニーの杉浦、新倉、齊藤によるセッションの模様を、前編、中編、後編の3回に渡ってお届けします。モデレーターは新卒採用担当の佐藤が務めました。コロナ禍において新たな働き方へのシフトが広がる昨今における、会社選びのコツについて語り合います。個人個人にフィットする働き方を見つけるコツとは。

スピーカー

20201127_sub01

杉浦 英明
EMCカンパニー BU(ビジネスユニット)1-4所属、マネージャー・ユニットプロデューサー。メンバーズ入社前10年程、SI企業に勤務。開発・サーバー構築など。フリーランスでWebサイトの構築やデザインも。2015年中途入社。メンバーズ入社後は金融系のサイトリニューアルをシステムベンダーと共に進行。その後リニューアルプロジェクトのプランニングなど。現在のメイン顧客は大手自動車メーカー、生活支援サービス会社。

齊藤 歩
EMCカンパニー BU6-SDA(サービスデリバリーアーキテクト)所属。マネージャー・ユニットプロデューサー・テクニカルディレクター。Webの仕事の前はトリマー。メンバーズ入社前の会社で自社サービスのフロントエンド+バックエンドの開発。2011年中途入社。メンバーズでは技術面に強いディレクターとしてお客様の相談役、若手育成も担当。

新倉 文実
EMCカンパニー SU(サービスユニット)-PS(プロフェッショナルサービス)3所属。Webの仕事の前は歌舞伎の着付師。2014年中途入社。SNS運用支援チーム、産休育休を経て、現在はグローバル&インバウンド支援。インドネシアで展開されているApp開発サポート、インバウンド向けサービスの新規事業立ち上げ支援などを担当。

佐藤 静(モデレーター)
ビジネスプラットフォームカンパニー HRエンゲージメント室所属。2016年新卒入社。銀行に常駐してサイト更新や改善提案に従事。2019年2月異動以降は新卒採用を担当。

 

デジタルビジネス運用支援チームの組織体制

佐藤:今日はご参加ありがとうございます。このイベントは選考と関係ありませんので、堅くならずに聞いていただければなと思います。社会人の大先輩のキャリアの話など色々話を聞いてほしいと企画しました。私と齊藤は晴海から参加、杉浦、新倉はzoomでの参加です。

 

20201127_sub02

 

佐藤:メンバーズはどんなことをしている会社かといいますと、まずカンパニー制をとっており、メンバーズの傘の中に色んな会社があるという形をとっているんですけど、大きく2つ「EMC事業」と「デジタル人材事業」という事業があります。EMC事業が、大企業向けのデジタルマーケティングを支援する事業。デジタル人材事業が、デジタルスキルを持った人たちが顧客に常駐してチームの中に入って、チームの一員として支援をしていく事業。そんな2つの事業があります。今日はこのEMC事業に所属する3名にお話をいただきます。EMCって何なのかと言うと、「Engagement Marketing Center(エンゲージメント・マーケティング・センター)」の略で、顧客に対して専属チームを作ってご支援をするという組織です。3名~最大100名程度のチームが、その顧客専任のチームになり、それが部署となって存在しているというような形で支援をしています。

 

20201127_sub04

佐藤:イメージとしてはこのような形です。1つの顧客に1つのチームが付いていて、プロデューサー、ディレクター、エンジニア、デザイナー等、色んな役割の人がいます。会社全体としては、専属で支援しているチームを「ビジネスユニット」、特定の支援する領域が決まっていて「SNS」「UXデザイン」「広告」などに特化して複数の顧客を支援するようなチーム「サービスユニット」という組織もあります。今日はビジネスユニット、サービスユニット両方の方にお話いただきます。

顧客志向、運用の実績、育児フォロー体制、組織の雰囲気。それぞれの入社の決め手

佐藤:では早速「なぜメンバーズを選んだのか?」という所からお話を聞いていきたいと思います。

齊藤:私は前職で自社のWebサービスの運用をしていましたが、業務に対する時間の使い方と、その成果について考える機会があったのが転職のきっかけでした。
数社の面接を受ける中で、メンバーズに出会い、良いなと思った点が、

・メンバーズが一番「お客さまのために」という所への意識が強いと感じたこと
・運用の知識や経験を持った人がメンバーズに多くいると感じたこと

この2点がメンバーズへの入社の決め手でした。

佐藤:面接のどんな所で感じられたか覚えていますか?

齊藤:前職での業務はWebサービスの更新や機能追加に携わっていて、当時まだインターネットの黎明期ということもあり、役割が明確に分かれてなくて、今思うと、デザイン・コーディング・プログラミング・ディレクションを全部一人でやるという状態でした。その時に「ディレクション」をやってるという意識はなくて、「もうちょっとうまく進めるためにはどうしたらいいんだろう」と考えて、そこをうまくやれるようになりたい、と転職に至りました。4社くらい選考を受けていて、面接の場で「あなたはどういうことができますか」と多くの会社に聞かれたんですが、メンバーズは「私達はこういう仲間を求めている」という風なお話があって、その話の中で「お客さまに対してこういうことを提供したい」という話があって、面接を受ける側からしたら「この会社は何をしたいんだろう」という所が良く知れたなあと思って、そこが他の会社と違っているし、案件をちゃんと推進していくためにはどうしたら、という当時の自分の課題感とぴったりきたんです。

佐藤:なるほど、案件の推進をうまくしたいという齊藤さんの思いと、メンバーズがお客さまのためにやりたいという方針がフィットしたんですね。では次は新倉さんはなぜメンバーズを選びましたか。メンバーズ入社前と入社後をまとめてくださいましたね。

 

20201127_sub07

 

新倉:前職は小規模な制作プロダクションに勤めていて、人数も少なく自分でパワフルに回していくという感じで、毎日終電というような状態で5年位働いていて、とても楽しくてやりがいを感じていたんですが、こういう風に今後長く働き続けていくことって結構難しくないか?と思うタイミングがあって、女性はそう思う瞬間もあると思うんですけど、先々出産する可能性と、仕事のやりがい両方あきらめずに楽しくやっていけたらいいなという観点で転職したいと考えていて、色々な会社を受けてみたりしていたんですけど、当時メンバーズは色々制度や取り組みをやり始めようとしている時だったようで、女性のためにとか、女性が活躍できるという話を内定後面談などでもいただいて、当時キャリアコンサルタントの方にも「メンバーズはこれから色々変わっていく」とお勧めされて。メンバーズだったら、自分の思い描く働き方、生き方ができるかもという可能性があると感じたため、入社しました。あと、面接官だった西澤さん(現EMCカンパニー社長)が印象的でした。

佐藤:ワークライフバランスを考慮して、働き方を変化させようとしていた頃だったということですね。あとは少し聞きたいのが、西澤さん。新卒選考だと最終面接官を担当していますが、西澤さんはどんな風に印象的だったんですか?

新倉:私の時は西澤さんが一番最初の面接官でした。他社の面接を色々受けてきた中で、結構威圧的な質問の仕方だったりとか、普段はそういう感じじゃないんだろうなとは思うのですが結構冷たい印象を受ける面接官の方とか世の中にはいっぱいいると思うのですが、西澤さんはすごく、何というか、ナチュラルで。あのまんま。「どうもー」みたいな感じでやって来て、終始フレンドリーで、「どんなことがやりたいの」と気さくに聞いてくれて「それだったらすごいうちに向いてるかもね」みたいな、なんかもう本当にすごい気軽にお話できる感じだったんですよ。話を聞いていて「こういう上司と働きたいなあ」と感じさせる様子で、この方と一緒に働くメンバーもそういった雰囲気を持っているんじゃないかなというのが第一印象で。

佐藤:そうだったんですね。新卒の皆さんも面接受けるにあたって身構えていらっしゃるかたもいますが、面接官は結構フランクに面接してくれるメンバーも多いので、緊張せず受けていただければと思います。では次のトークテーマ「転職の際に考えたことは?」に進みます。

転職で気にした事は、チームの雰囲気、5年先のライフプラン

杉浦:いろんな角度から検証して入社したわけなんですが、大きく整理すると

○会社の将来性、ワークライフバランス

・提供サービスの競合優位性や、制度、会社の方針に普遍的な強みがあるか。
・日々の残業や仕事のペース、女性活躍の度合いなどから、自分のライフプランと掛け合わせて、長期的に働けるイメージが持てるか。

○即戦力になれるか

・次入社する会社の文化を受け入れつつ、初動からどれだけパフォーマンスを上げられるか。
・前職までの仕事の進め方など自分を客観的に見つめ直した上で、入社する会社のサービス領域や実績から活躍できるイメージを描けるかどうか。
・オウンドメディアや転職関連のサイトなどの情報から、チームの雰囲気や社員の考え方が合うか。
・面接官が実際の受け入れ部署の上司や同僚である場合、その面接官と一緒に仕事をして、うまく仕事が進むイメージが持てるか。

が挙げられます。特に制度や風土など、同じ会社内でも部署によって異なるため、自分が入社するであろう部門がどうなのか、他の部署はどうか、その差に対して在籍社員はどう考えているのかという観点でしっかり確認するようにしました。

佐藤:選考の中でどんな風に判断されたのかなど、具体的なエピソードはありますか?

杉浦:偉そうなことは言えないのですが、最近はメンバーズもWeb以外の領域もやってますが、大きくWeb制作会社って似たり寄ったりな部分もあり、当時メンバーズは「運用」を売りにしていたり、今後どうしていくというビジョンを明確に謳ってた所もあり、今となっては結構他のWeb制作会社もやってますが、自社のオウンドの中でこんな取り組みしてるよーということを色々出していて、例えばMEMBUZZという社内報を公開していたりとか、コラムとか、社員が自発的にトレンドを捉えて展開していくことをやっているところがあったので、会社の成長性という所で言うと、自社の社員が能動的にちゃんと学ぶ体制ができているのは重要だと思っていたので、そういう所を見てました。

佐藤:会社を選ぶ見方というのはなかなか聞けないので貴重なお話ありがとうございます。まさに公開されている社内報やコラムなどは、「社員とうまくやれそうか」という部分を確認するのによいコンテンツになるわけですね。次また齊藤さんにお伺いしたいんですが、転職の際に何を考えましたか。

齊藤:はい。私の方は

・一緒に仕事をするメンバーが合うか
・業務内容がチャレンジングか

の2点が転職の際に気にしたことです。お金・業務内容・人で言うと、自分の中で優先度が高かったのは「人」で、面接やそれ以外の情報で、自分に合っているかについてよく考えました。業務内容については、開発系からディレクションへのジョブチェンジに近かったので、入った瞬間に挑戦になると感じていたのですが、その際に周りに知識や経験がある方がいるのかという所も気にしていました。

佐藤:「人」が自分に合ってるかというのはどうやって判断したんですか?

齊藤:そうですね、これ考えてみても人と人とのことなので、私はどんな人と相性がいいかというのを言葉にするのは難しいのですが、面接の中でメンバーズについて、私達はこんな風に考えていますとか、そのチームの雰囲気の話が聞けたんですよね。そういう中で、どんな人がいて、真面目で誠実でしっかり仕事していて、みたいな所の印象を受けて、こういう人たちとであれば一緒に仕事をして、スキルアップしていけそうだなという風に感じたんですね。私もキャリアコンサルタントの方に仕事を紹介してもらっていたのですが、その人達の話を聞いても、良い感触だったし、良い仕事ができそうな印象を受けたのが積み重なって、判断したと思います。

佐藤:スキルアップできそうという所はどんな所から感じられたんですか?

齊藤:私の場合は面接の中で、前職でやってる仕事が「運用」というものであるということを知ったり、「ディレクター」という役割の人がいるということを知ったという状態でした。前職で仕事をしていた時は「ディレクション」という役割ですべきことがふわふわしていて、「なんでこんなにうまくいかないんだろう」と思って悩みのようなものを抱えながら仕事をしている状況で。面接の場でも少し仕事の相談をしているような状態で。面接の中で学ぶことも多くて、それが私にとっては結構衝撃的で。そういうことを普段やっている人たちがこの会社にはいるんだなと思ったら、学ばせてもらうというか、教えてくれなくてもいいけど、やってる姿を見せてほしいと思ったんです。少なくとも自分がもし入ることができたら、この会社は盗める部分がいっぱいありそうだなと思えたことが大きかったです。

佐藤:なるほど、自分の仕事の名前というかジャンルというかを知らなかったということですね。では次は、メンバーズで日々よくやってる、具体的なお仕事の中身をお話いただきましょう。

デジタルビジネス運用支援チームの働く様子

佐藤:新倉さんはSNSやリニューアル、グローバルなどご経験は多岐に渡ると思いますが、最近の日々の業務はどんなことをしていますか。

新倉:プランニングが中心です。サイトリニューアルや運用コンセプト・定義などプランニングする内容は案件によってそれぞれですが、顧客の要望と、ユーザーにとっての最適解が混ざり合うことは何か?を常に考えて提案をしています。また、案件によってはプランニングで必要な調査の設計や、案件によっては、実施と分析等も担当します。あとはチーム人数が増え、リモート環境でもあるので、チームマネジメントやコミュニケーションにも業務の時間を割くようになりました。

佐藤:運用コンセプトや定義というのは、どんなことを決めるのでしょうか。

新倉:案件やメディアの特性により変わりますが、例えばオウンドメディアだったら、どういうものを企業として発信していくのか、ユーザーとのタッチポイントをどう作っていくのかなどのコンセプトもそうですし、それを実現するためにどういうメンバーが必要か、どういう頻度で、どんなことを用意していくか、まで割と考えています。SNSはライトなコミュニケーションが必要だったりするので、アカウントをどんな人物像にするか、ということを考えたり、いくつかのコンテンツの中で、どういったカテゴリーのものを月にどのくらいの割合で投稿しましょうかとか、KPIに落とし込んでいくという所ですね。

佐藤:タッチポイントやコンテンツの内容はどのように固めていくんですか?

新倉:BtoBの企業のオウンドメディアの立ち上げをやったことがあったんですが、その時は、UX思考を取り入れて、ユーザーインタビューをして、ペルソナ作って、この人がどういう行動をするのかというカスタマージャーニーマップなどを描いて、必要なタッチポイントを抽出して、こういうプロモーション活動をする必要があるよねということを、お客さまと確認しながらドキュメントに落としていくという形で固めていったことがありました。

佐藤:具体的な事例共有ありがとうございます。わかりやすいです。UXについてはインターンでも扱いましたが、詳しく知りたい方はWebなどで検索してみてくださいね。

https://www.members.co.jp/services/uxdesign/

佐藤:次は、杉浦さんに行きたいのですが、これまでの歩みも、現状の業務も、かなり細かく書いていただいてありがとうございます、、!

 

20201127_sub06

20201127_sub08

 

佐藤:プロジェクトマネジメントする時にどんなことが発生しているのかということが、ブレイクダウンするとこんな感じになる!という図になっていると思うんですが。ユニット業務プロセスとプロジェクト業務プロセスと2つに分かれているのは、プロジェクトは短期的な案件ごとの業務、ユニット業務は所属している部署の業務で、案件が変わっても続く長期的な業務という認識で合ってますか。

杉浦:はい、そうです。線表を書くのが好きなので、まとめてみました。自分の役割が2つあって、ユニットプロデューサーは、自分のチームの予算やミッション、メンバーの成長などのコントロールをする役割。もう一つが、実際にプロジェクトに入ってやる業務ですね。プロジェクトは短期、中長期、いろんなサイズのものを複数回している形になるのですが、そんな形を表現してみました。

佐藤:ありがとうございます。あと、学生の方によく聞かれるのが、「獲得、営業という所をどうしているのか?」なんですが、私達は新規営業、飛び込み営業などがない会社なので
、ではどうやって獲得しているのか?と聞かれるんですが、杉浦さんはどういう形での営業活動が多いですか?

杉浦:獲得については全社的にやっているものもあると思うんですが、自分の場合は今この自動車メーカーだと、去年から入り始めたばかりなんですが、先方の色んな部署から仕事をもらえるようにならないと拡大しないので、通い詰めて、重要な担当者の方にこんなことをやりたいんですけど、どうですかねというような働きかけをしています。あとは過去お付き合いしていたお客さまで、今ではもうお付き合いがなくなってしまったような企業の方にも挨拶の場を設けてもらって少し何かできる可能性がありそうだったら資料をしたためて持っていってというようなことをやっています。

佐藤:なるほど、そうすると、今取引している企業の別部署に拡がっていく方向と、過去の取引先を再度接点を持っていくというのが特徴なんですね。あともう1点。スキルアップに関してなんですが、経験してやっていかないとできるようにならないものなのか、それともある程度自分で学べるものなのか、でいうとどのように思われますか?

杉浦:自分の考えとしては、机上の勉強というのも大事だと思うんですけども、それと合わせて、経験してみないと掴めない部分もあると思うので、まずはやってみる。あとお客さまによって、結構やることは変わるんですよね。なので自分がやったことない領域でもやってみる。そういうときに齊藤さんがおっしゃったような後方支援の部隊もいて、自分に足りない経験や知識を持ってて助けてくれる方がいるので、そんな感じでやっています。

佐藤:本当にやらないとわからないなというのは、私の現場時代でも痛感したことで、もちろん研修や学ぶ機会はあるんですけど、その上で、特に新卒のみなさんはどんどん失敗して成功に近づいてほしいと思います。最後、齊藤さんにもお話いただきます。齊藤さんは実制作の手を動かす部分もあるんですか?

齊藤:そうですね。私の業務は、

・ヒアリング~要件定義
・実制作では主に設計、コーディング指示、成果物の品質担保
・他ユニットも含めた社内育成、フォローアップ

という形です。

佐藤:ヒアリングの所はどんな発端で対応が始まるのですか?こちらが提案を持っていく時の相談なのか、それとも顧客から具体的な依頼が来て齊藤さんの所に依頼が来るのか。

齊藤:多くは顧客からの具体的な依頼の段階で入ることが多いです。運用として関わってる部署があって日々業務をしていく中で課題のようなものが顕在化して、改善案のような話を持っていくことがあるかなと思います。お客さまは自分たちの事業のプロではあるんですけれども、インターネットとかWebの技術の方の知見を私達に期待してご相談が来るわけです。なので、Webの課題の実態を掴みきれているお客さまばかりではなくて、その課題抽出から一緒に紐解いていく必要があることが多いです。例えて言うと、「お肉食べたいです」と言っている人がいるとして、お肉料理っていっぱいあるけれども何が食べたいですか?蒸す?焼く?揚げる?素材は?じゃあ食べたいものはこんなものなんですね、という風に、お客さまの要求をどんどん細かく確認して、どんどん相談に載る。そうしていく中で、課題を解決させていくために何が必要か、何をするかを形作る、整理するということが、このヒアリングや要件定義の時の業務イメージです。

佐藤:なるほど、料理の例えすごくわかりやすいです。確かに当事者の担当者の方でも課題が見えなくなってしまっている方もいらっしゃったりしますよね。あと齊藤さんは育成に対しても熱い思いをお持ちだなと元々思っていたのですが、どんなことをされているんですか?

齊藤:育成を専門に担当しているわけでないのですが、ユニットの中でスキルセットが足りないということがあって、私が所属しているビジネスユニット全体としては、技術面ではない領域に得意分野を持ったビジネスユニットだったりするので、ユニットの弱い部分が私の強みだったりするので、他のチームから相談を受けたりバックアップすることがあります。

佐藤:ありがとうございます。

 

本コラムのつづき、中編はこちら

会社選びのコツは「自分の人生を豊かにできるか」 メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(中編)

 

本コラムの後編はこちら

会社選びのコツは「自分の人生を豊かにできるか」 メンバーズ中途入社者が語るフィットする会社の選び方(後編)

 

今後もこのようなイベントレポートの公開を予定しています。記事更新はTwitterでお知らせします。ぜひフォローをお願いします!

https://twitter.com/Members_hr

 

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。