こんにちは、社内報北九州拠点の記事担当の久冨と新貝です。
今期よりクリエイティブリーダーに任命された、宅間功陽さんにインタビューを行いました。
(社内報MEMBUZZ2020年10月号より。内容は取材時点のものです。)

Interview・Photo・Text:久冨未結/新貝佳之

20201126

現在の業務を教えてください。

宅間:現在は大手アパレル企業さまのグローバルサイト運用を行っています。また、グローバルサイト運用だけでなく、その他の業務についてもヘルプとして携わらせていただく機会も多くなりました。

前期を振り返っていかがでしたか?

宅間:前期は自分の部署だけではなく、様々な部署でヘルプとして業務を行っていました。部署をまたぐことで、より難易度の高い案件にも挑戦させていただくことができました。チームのメンバーには迷惑を掛けてしまうこともありましたが、多くの方々のサポートを受けて、難易度の高い業務も完遂することができたと思っています。
今回、難易度の高い案件を経験することで、自分の実力を把握することができました。さらにスキルアップが必要だと身に染みて感じ、成長する良い機会となったと思っています。知見のある分野でなくても挑戦する機会をいただける環境に感謝していますし、これからも新しいことに挑戦していきたいです。

クリエイティブリーダーとしての今後の意気込みを教えてください。

宅間:リーダーは現在の部署だけでなく、どの部署になってもリーダーとしての実力と対応が求められます。引き続き、クリエイターとしての実力を日々磨いていきたいです。前期は自分の実力不足を経験する良い機会となりました。クリエイターとして胸を張れるような実力を備えて、お客さまのご要望にも応えていきたいです。また、リーダーということで、チームの生産性・品質の向上をリードしていく存在を目指しています。チーム全体に良い影響を与えることができるような存在となり、最終的にクライアント・チームの成果に貢献できるようなリーダーとなりたいです。

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。