20200630_kv

皆さまこんにちは!HRエンゲージメント室の上野です。
今年で4回目となる大学生CSVビジネスアイデアコンテスト。今年はなんと全国から45チーム、合計210人以上もの学生からエントリーしていただきました!先日エントリー学生向けに初回オリエンテーションを開催したのでそのレポートを書いていきたいと思います。

大学生CSVビジネスアイデアコンテストとは

メンバーズが毎年大学生向けに行っているビジネスコンテストです。企業から提示されたテーマに沿って、社会課題解決に向けたビジネスアイデアを大学生から募集し、優秀なアイデアを表彰します。
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大によって「新たな生活様式」が求められていることもあり、 人々の購買習慣やサービス体験の在り方が大きく変化してきました。こうした社会の変化を鑑みると、これまでの消費者主義から持続可能な社会の実現に向けて、循環経済を創り上げることがより一層必要となっています。そのためには、これからの経済の中心となる学生が社会課題の解決に意識を向け、持続可能な社会の担い手となっていくことが重要と考えています。 本コンテストは、そうした将来を担う学生と日本を代表する大手企業との共創によって、新たなCSV事 業やプロモーションを創出し、企業や地球環境にとって持続可能な社会の実現を目指すことを目的としています。
また、今年はエントリーしたチームにメンバーズ社員がメンターとして関わり、ビジネスアイデアの創出をサポートします。

開催概要

◆スケジュール(全日程オンラインにて開催)
1.参加エントリー:2020/6/19(金)〆切
2.エントリー学生向けオリエンテーション:2020/6/30(火)
3.エントリー学生向け3DAYSワークショップ:①2020/7/4(土)・②7/11(土)・③7/18(土)
4.エントリーシート提出期限:2020/8/16(日)
5.エントリー通過団体発表(8チーム想定):2020/8/31(月)
6.通過チーム向けワークショップ:2020/9月中旬
7.最終プレゼン資料提出期限:2020/10/8(木)
8.第4回CSVコンテスト本選開催:2020/10/10(土)

◆共創パートナー及びテーマ
・株式会社湘南ゼミナール「100年後の未来を創る教育」
・三井住友カード株式会社「キャッシュレスでゴミを減らそう!」
・株式会社良品計画「2050年、日本の空き家をゼロにするには?」

◆本選当日のプログラム(予定)
・開会挨拶
・学生プレゼンテーション
・審査員、大学教授講評
・審査結果発表/表彰式
・閉会挨拶

◆表彰
・企業賞 各1~2件 (副賞:賞金5万円+トロフィー)
・メンバーズ賞 1件 (副賞:賞金5万円+トロフィー)

◆特設サイト
https://csvcontest.members.co.jp/

◆昨年のコンテストの様子
https://www.members.co.jp/company/news/2019/0829.html

初回オリエンテーション開催

コンテスト史上初めてとなるオンラインでの開催ということで、オンライン会議ツールRemoを使い、コンテストの目的や参加企業、評価項目等コンテストの概要説明をさせていただきました。

20200630_1

そして今回のオリエンテーションではオンラインでのワークショップに慣れるために大事なテーマであったため、簡単なワークショップを行いました。参加人数は約150人。大学・年齢・性別もバラバラですが何かしら共通点はあるはず、ということでまずは学生同士の共通点を探るところからスタート。
テーブルが「映画好き」「運動系サークル」「お笑い好き」等に分かれており、自分が当てはまるテーブルに着席してそのテーブル内でお互いの共通点について話し合いました。

20200630_2

そして次はオンラインホワイトボードを使ってみることに挑戦。各テーブルに分かれて新型コロナウイルスの影響で身の回りに起こった変化等を付箋で貼り出し共有しました。

20200630_3
20200630_4

初回ということもありなかなか序盤は皆さん慣れない様子でしたが、メンバー間で「こんな使い方もできるよ」「ここを押したらこんな機能が出てくるよ」等フォローし合う様子が見られました。
終了後のアンケートでは

・自分では想像もつかないような意見が多数あった
・まだまだ知らないことが多く、様々な社会問題について積極的に学んで自分の意見をしっかりと持ちたいと思った
・オンラインツールを使用する機会が今後増えてくるはずであるため、慣れるためにも積極的に挑戦していきたいと思った

など、新たな発見含め次回に向けた意気込み等、さまざまな意見を学生より頂きました!
主催事務局としても初のオンラインでの試みで不慣れな部分もあり、サポートが行き届かない点もあったかと思います。今後皆さんがよりアイデアを出しやすく、議論しやすく、オンラインでのワークショップを楽しんでいただけるよう努めて参りたいと思います。
次回はワークショップの開催レポートをお届けします!ぜひお楽しみに!

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。