%e6%89%8d%e9%87%8e%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8

今回は「フロントエンド/バックエンドエンジニアコース ※未経験者向け」について、学生の皆さんからよくいただく質問をクリエイター職採用担当:才野木さんに聞いてみました!

Q.なぜ「フロントエンド/バックエンドエンジニアコース ※未経験者向け」の募集を行っているのですか?

今まではエンジニア職は経験者のみの採用を行っており、人数も多くは採用してきませんでした。
ですが、今後の業界の成長や新しい分野の出現による社会の変革に際して、これからの社会ではエンジニアリングの能力が非常に重要になってくると捉えており、今年度よりエンジニアの採用数を増やす流れとなりました。なので、メンバーズとしてはたくさんのエンジニアの方にご入社いただきたいと思っていますが、学生のうちから本格的なプログラミング経験がある方はとても少ないこと、また、メンバーズは数年前から新卒採用に注力しており、社内で新卒育成のスキームを作れているのでエンジニアでも未経験の方に入社いただき、育成後、活躍してもらう仕組みを作ろう!と考えでスタートしました。2021新卒採用では本格的にコースを設置して募集をしています。

また、エンジニアは特に「首都圏在住の理系の男性」が職業として選択するイメージが一般的に強いと思います。メンバーズでは出産や育児、介護など社員のさまざまなライフステージに応じた環境づくりと、女性社員の活躍推進に関わる取り組みに力を入れていることから、メンバーズだからこそ女性エンジニアが活躍できるフィールドを提供できるのではないか?と考えました。極端に言うと「地方在住の文系の女性」等、女性のみならず様々なバックグラウンドを持つ方にエンジニアという職業を選択できる環境を準備できることが強みだと思っています。また、今後のIT産業において影響力が強いエンジニアという職業の方を世の中に輩出していくことがメンバーズの使命だとも思っています。

Q.「未経験」とは、具体的にはどのくらいのレベル感を指していますか?

今まで全くプログラミングを経験したことがない人でも大丈夫です!また、「自身で簡単なwebサイトやアプリケーションを作ったことがある」「一度学校でプログラミング言語の授業を受けたことがある」方もこちらのコースをご受検いただければと思います。選考では実技テストはありませんので、将来的にプログラマー(エンジニア)として仕事をしたいと思っている方、勉強していきたいと考えている方は、とりあえず説明会に参加してみてください。

また、「フロントエンド/バックエンドエンジニアコース ※経験者向け」との違いについてもお伝えすると、経験者コースでは得意なプログラミング言語を1つ選択し、指示通りのプログラミングをしていただく実技テストがあります。

コース選択が自身で判断できない場合、説明会にご参加いただいてご相談いただければ大丈夫です。比較的少人数で、直接採用担当にご相談いただけるイベントもあります。選考中のコース変更のご希望(※)をいただいたり、他のコースのおすすめもさせていただきますので、柔軟に選考をお受けいただけます。
(※ただし、複数コースの併願は不可とします)

説明会の日程はこちら→

%e6%89%8d%e9%87%8e%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a0-1

Q.採用予定人数は何名程度ですか?

50名を予定しています!たくさんの未来のエンジニアの卵にお会いできればと思います。

Q.入社後の研修は他コースより長いとのことですが、内容はどのようなものですか?

期間は半年程度を予定しています。
フロントエンドからサーバーサイド言語まで幅広く学んでいただき、最終的にはWebアプリケーション開発まで経験いただく予定です。また、メンバーズのエンジニアは直接クライアントとの要件定義、設計まで行うケースがあるので、そうした実際の制作の前段階の部分も経験できるようにしたいと思ってます。研修後は、ご自身のご希望や適正に合わせてフロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、Webアプリケーションエンジニアなど活躍していただくイメージです!

Q.どんな人がエンジニア(プログラマー)に向いていると思いますか?

特徴は大きく2点あるかなと思います。

1つ目は、私たちの生活はスマートフォンが誕生してからかなり変化しました。そしてこれから、5G時代が到来し、さらに変化を遂げていくことは間違いないです。そういった、あらゆる変化を楽しみ、柔軟に対応できる力を持っている人だと思います。

2つ目は、自分で調べる力があったり、失敗経験を糧にできる人。世にプロダクトを出し、そこからのフィードバックを得て、さらによりよいものを作りたいという思考性が重要なのではないでしょうか。

あとは、エンジニアは浅く広く興味を持つタイプより、一つのものにどハマりするタイプが活躍できるかもしれません。なんらかの「オタク」ということが重要です!例えばグルメにしても、いろんなものを好むタイプより、ラーメンだけを食べ続けるタイプというか(笑)
最近のフィットネスブームで、筋トレに大ハマりしてるタイプとか…そういう方がエンジニアに向いてるのではないでしょうか。

===

才野木さん、ありがとうございました!未経験でもトライしたい!というチャレンジ精神をお持ちの方お待ちしております!

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。