%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%84%e3%82%bf

「ココツタ」とは?

■ゲームの概要

個性豊かな「上司」「先輩」「後輩」と起こる様々な問題、困りごと…。 そんな仲間から「好感」「効果」を得られるコミュニケーションとは何でしょうか。 限られた手札から「言葉」「態度」「テンション」を選択して、その場に適したコミュニケーションを取り、どうしたらみんなのハートを掴めるか考えるゲームです!

■目的
若手社員が多いメンバーズは、「コミュニケーション」が大きな課題となっています。 「相手の気持ち」を考えながら「自分の気持ち・意図」を伝えるためには多くのコミュニケーションを取ることが重要です。また、同じ「言葉」「態度」でもその場の空気や、相手との関係性によって印象は大きく異なります。 そんなコミュニケーションを疑似体験し、第三者からの評価によって自分とのギャップ、もしくは一致した点を探しながら「気づき」を得て自分なりの「正解像」を築くきっかけになってほしいといった狙いがあります。

「ココツタ」を始めるに至った経緯やこの活動を通して参加者にどうなっていってほしいかなどの思いをお聞かせください。

吉田: 大槻ひかりさんから、佐藤晃一くん、わたしへと話が広がり、動き始めた企画です。今でも「コミュニケーションをとること」「それを教えること」の難しさを感じます。ゲームを通して 『楽しく学び合う場』になればいいなと思って作りました。
大槻: 元々は「一方的なインプットではなく、自ら進んで学べて、周りと交流もできるような勉強会」を目指し、ゲームを使った勉強会を提案できないか、がきっかけでした。
そこから、今仙台が抱えている問題ってなんだろう?みんなが解決したい、知りたいことってどういうことだろうということを模索し、佐藤くんと一緒にテーマを固めていったものになります。

%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%84%e3%82%bf2

中堅用の作成や他拠点での開催などは予定していますか?

吉田:
・各種カード (場面、キャラクター、口癖など)を追加し、#02を年明けに開催予定です!
・ミドル層向け、ベテラン層向けのバージョン展開
・ファシリテーター不要のルールにし 『ココツタ』独り立ち

参加してみての感想や今後こういう風にしてほしいなどありましたら聞かせてください。

左高:若手中心の参加だったためか和気あいあいとした雰囲気でした!コミュニケーションをとる上での大切なことが学べるいい機会になりました。今後チーム内で取り入れチーム力向上で使用させていただきたいです!
髙山:ココツタを通して相手に合わせた最適な対応だけでなく、自分の考える対応を人前で演技することで、人前で話す力も上がりました!バージョンアップしたココツタにも参加して、コ ミュニケーションスキルをさらに向上させたいです!

文・写真:前田彩乃、庄司摩桜、白岩春香

メンバーズでは一緒にミッションを実現する仲間を募集しています。