皆さまこんにちは、採用マーケティングの上野です!

今回は社内の有志メンバーにて構成されるMEMBERS WAY委員会をご紹介したいと思います!

MEMBERS WAY委員会とは?

メンバーズでは社員(メンバー)を経営の主体として位置付ける「全員参加型経営」を推進しており、MEMBERSWAY委員会は「全員参加型経営」の実現を目的に社員によって構成されています。経営主体である社員としての立場から、メンバーズグループの方向性を考え、仲間・会社と共に成長し続け、デジタルクリエイターが最も活躍する職場・最も幸せに働ける職場を目指し、社員が経営に積極的に参画する取り組み・施策の企画・運営を行っています。

具体的な活動内容

社員の代表として、グループ執行役員への質疑応答・経営への意見表明を行います。メンバーズをより健全でフラットな企業にしていくために、全社アンケートにより社員の意見を集め、委員会で協議後、役員と起案の実現検討や意見交換を行う場として、MEMBERS WAY協議会を開催します。

実際に、MEMBERS WAY協議会で実現した例としては公認バカンス制度(5日間以上の有給連続取得を強く推奨する制度で、前後の土日を含めると9日間以上の休暇を取得することが可能)やリモート飲み会応援制度(拠点間の交流や社員同士の横の繋がりを促進させるため、常駐勤務者や自宅勤務者、時短などで普段飲み会に参加できない社員も含めて交流を促進する制度)が実現しました!

2019年度キックオフ開催!

今年度もメンバーを募り、全員で16名が2019年度委員会メンバーとして集まりました!先週木曜日(5/30)にキックオフを行い、メンバー自己紹介や今後の進め方等をディスカッションしました。今回は委員長に選出された良知剛史さん、副委員長の福田大輔さん、大江結花さんに意気込みをいただきました!

  • 委員長:良知剛史
    MEMBERSWAY委員会で今年度の委員長を任命された良知(らち)です。 私は新卒入社が社員の大半を占めるメンバーズでは異色の転職を比較的多く経験してきております。いろんな会社の良いところも良くないところも見てきたからこそ、若いメンバーに伝えられるものがある、自分ならではの視点があると思っています。昨年もMEMBERSWAY委員会には参加したのですが、経営層と対等に意見交換し、社員の意見がダイナミックに制度として具現化するのは本当にワクワクしますね。 この活動を通じて、メンバーズが目指す「全員参加型経営」を本当に体現できるように頑張ってまいります。

    Message image 0
  • Message image 1

    副委員長:福田大輔
    今年度MEMBERSWAY委員会の副委員長を務めます、福田です。 私は現在、北九州の拠点で勤務しているのですがその中で見えてきた地方ならではの視点や意見を発信したいなと思っていました。 委員会メンバーとして、自分たちの働く環境をより良いものにアップデートしていければと思います。 今年度から初参加なので色々緊張しますが、頑張りたいと思います。

  • 副委員長:大江結花
    この度、【MEMBERS WAY委員会】の副委員長に就任しました、ラーニングプラットフォーム室の大江です! 社員ひとりひとりを経営の主体として位置づける「全員参加型経営」の思想には入社当初から共感していましたが、具体的なアクションを起こせる場のひとつとしてこの【MEMBERS WAY委員会】を知り、前期から2年連続で参加しています。委員会メンバーとして自分自身がよりダイレクトかつ主体的に関わることで、「みんなが幸せに働ける会社は自分たちで考えて創る」という視点を養えます。部門や拠点を越えた仲間と、会社に向き合い、起案を磨き上げ、実現を目指し試行錯誤できるのもまた、この活動における貴重な経験です。 今回は委員会の推進サポートも含め、より一層貢献できるよう頑張ります!

    Message image 2