こんにちは!エンゲージメント・ファーストの我有です。

昨年11月29日(木)、30日(金)にデンマークのデザインコンサルティングファーム
Bespoke社をお招きし、「Futures Design Course ~デンマークに学ぶ、未来から創造するデザイン思考ワークショップ~」を開催しました!

今回は大崎電気工業株式会社さまの共創スペース「Next 100teX Lab」をお借りし、社内外合わせて20名の方にご参加いただきました。2日間にわたり実施したワークショップの様子をお伝えします!

デンマークに学ぶ、未来から創造するデザイン思考ワークショップ

ここ数年で、テクノロジーは急激に進歩し、私たちの暮らし、働き方、住まい方、社会のあり方などあらゆるものをダイナミックに変えてきました。私たちの目の前に広がっている未来は、不確かなものであり、様々な可能性を秘めた「未来(Futures)」です。

「未来から創造するデザイン思考ワークショップ」では、Bespoke社の「Futures Design」の手法を用いて、参加者の共創によって望ましい未来をデザインしていくというものです。昨年5月に「2030年の働き方」というテーマで初開催し、2回目の今回は「2030年の日本のビジネス」をテーマに実施しました。


Futures Designとは
「Futures Design」は、デンマークのデザインコンサルティングファーム「Bespoke」社が開発した手法です。Situate(立ち位置を決める)→Search(探索する)→Sense(感知する)→Scale(踏み出す)の4つのプロセスを経ながら、Futures Design Canvasという一枚のcanvasを埋め、チームで「ほしい未来」を創造していきます。

彼らのワークショップでは、プロセス毎に様々なインプットがなされ、アイデアの発散と収束を繰り返していきます。特徴的なポイントとしては、右脳をフル稼働させ身体を使うこと、そして全員で好奇心を持って楽しく創り上げていくための工夫が数多く散りばめられていることです。アイデアのプロトタイピングでは、レゴや古雑誌などを活用します。2日間の最後には、チームで共創した「ほしい未来」を基点にバックキャスティングを行い、その未来に至るための施策アイデア、戦略などを導き出します。


Bespokeについて
世界幸福度ランキングで常に世界トップ3にランクインする北欧の国デンマーク。Bespokeは、そのデンマークの首都コペンハーゲンを拠点とするデザインコンサルティングファームです。彼らの手法「Futures Design」は、クライアント企業、生活者、社会、そして地球にとってよりよい未来を創っていくための手法です。その手法を用いて、Starbucks CoffeeやMicrosoft、IKEA等、錚々たる企業とともに未来をデザインしています。

URL:https://www.bespokecph.com/

参加者の声/山本(株式会社メンバーズ:プランナー歴1年半)

参加動機を教えてください。
2日間にわたって「未来デザイン」とは何かの基本について学び、その思考法をグループワークの中で実践的に体感する講座でした。今回は、「2030年の日本のビジネスについて」考えるグループワークを行いました。
講座を受講したきっかけは、お客さまに提案する際に「目に見えている課題」や「その課題を解決することで達成できる短期的な効果」だけでなく、お客さまの持つ商品・サービスが持つ価値を発揮したり、Web上で伝えるための根本的な課題を発見し、解決に導く提案ができるようになりたいと思ったからです。

参加した感想を教えてください。
とても中身のつまった濃い2日間でした。Bespokeの方からの未来デザインについてのインプット、その内容をグループワークを通じてアウトプット、他のグループの内容や学びをシェアすることで得られるインプット。こうしてインプットとアウトプットを繰り返すことで、自分の頭でよく考え、理解を深められる講座だったと思います。
また、Bespokeの方からお話を聞いた未来デザインについてだけでなく、グループワークの中で同じチームの方から学ぶことも非常に多く、新たな発見がとても多い講座でした。

どんな人にすすめたいかを教えてください
柔軟な発想で新しいアイディアを生み出したい人、そのための思考法を学びたい人、未来を考えることにワクワクできる人、自分とは違う他の人の意見を聞いて楽しみながらディスカッションできる人、におすすめです!

参加者の声/安田 さま(三井住友カード株式会社:Web担当歴2年)

参加動機を教えてください。
私は普段、弊社Webサイトの運営管理や、改善・リニューアル等を行っておりますが、その中では「課題やタスクを洗い出し、スケジュール通り進めていく」という流れで、いかにゴールに向かって問題なく進めていくかを重要視していました。
しかし先日、弊社トップページのリニューアルをするにあたり、そのコンセプト設計をメンバーズのみなさんとディスカッションした際に「デザイン思考」のアプローチに触れ、いかに今まで左脳ばかり使ってきたか、またこれはWebサイトだけではなくその他全てのビジネスにおいて活用できる・活用しなければいけない思考であることを感じ、より深く学んでみたい、と思いエントリーを行いました。

参加した感想を教えてください。
たった一度のワークショップでどこまで業務に活かせるか…、と正直最初は不安もありましたが、ワークショップの中では基礎から実践まで通して体験することができ、また普段使っていない右脳からのアイディアを創造しやすい工夫がされていたので、「普段の業務には、こんな感じで活かせるな!」とイメージをわかせながらワークショップに参加することができました。また、異業種の方々のアイディアや意見の交換は、大変刺激的でした。
ワークショップ終了後、この「デザイン思考」はどんなビジネスでも活かすことができると思った為、学んだことを部のメンバー全員の前でプレゼンをしましたが、結果振り返りもでき、更に理解が深まったと思います。

どんな人にすすめたいかを教えてください
すぐに活かせるフレームワークを学べるという点では、サービスの企画や運営に携わる方にもおすすめです。また、デザイン思考は担当者だけではなく、会社として取り組むべきと思いましたので、マネージメント層の方にもぜひ参加してもらいたいです。

BespokeのNicolasとRuneへの質問


なぜメンバーズと、日本でこのような取り組み(ワークショップなど)を一緒に行ったのでしょうか?
Rune(写真右):
日本とデンマークは、全く違う文化があるものの、繋がりも大いにあり、似たような文化や同じような価値観があると感じています。違う部分はあれど、第二の故郷のようで、日本でこうした取り組みを行う経験はとても魅力的です。

また、メンバーズは、Futures Designのフレームワークやメソッド、マインドセットをより多くの人たちに広げようと協力してくれて、今後に向けて共により大きな絵を描いていける関係性にあります。それと同時に、ワークショップに最適な環境を用意してくれるなど、日本でFutures Designをやっていくための基盤となってくれています。そのおかげで参加者にもより良い経験を提供できていると思っています。

Nicolas(写真左):
そしてもちろん、私たちとメンバーズが同じ夢を共有していることも大きな理由ですね。その夢は、より良い未来、より良い人間社会、より良い日本、より良いビジネスをつくっていくことです。ここ2年近くでメンバーズとはすでに色々と一緒に仕事をしていますが、同じ価値観をもって共に未来をデザインしていけることを嬉しく思っています!

Co-Creation Digital Lab.とは?

ccdlab-logo変化の激しいデジタルマーケティング業界において高いパフォーマンスを創出し続けるデジタルクリエイターを育成するため、社員のキャリア開発の一環として自主性のある学びの共創を目指した社内講座「Co-Creation Digital Lab.」を開いています。業界の第一線で活躍する方を講師に迎え、一部講座は社外の方(学生も含みます)にも参加いただけるオープン講座(原則参加費無料)として開放しています。Co-Creation Digital Lab.のオープン講座は今後も開講していきますので、是非お気軽にご参加ください!
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!