「プロフェッショナル・メンバーズ」では、メンバーズグループで活躍するプロフェッショナルな社員を紹介しています。今回はラーニングプラットフォーム室、ウェブガーデン仙台のマネージャーでもある本宮にインタビューをしました。(社内報MEMBUZZ2018年8月号より。内容は取材時点のものです。)

これまでの経歴を教えてください。

前職は東京にある屋外広告を専門とするベンチャー企業で、デザイナーとプロジェクトマネージャーをしていました。制作内容は幅広くデジタル領域以外は何でも作ったと思います。店舗デザインも行っていました。その後、家庭の事情で地元東北に戻ることになり、転職活動をはじめました。
前職がミッション・ビジョンを大切にする会社だったので、次の会社もミッション・ビジョンを大切にする会社で働きたいと考えていたところ、メンバーズと出会いました。非常に共感することが多く、この会社で働きたいと思いました。

入社当初の印象はどうでしたか?

最初はソーシャル部門に配属となりました。今までWebの業務経験はほとんどなかったので、初歩的なミスもたくさんし迷惑をかけたことも多かったと思いますが、みんなが支えてくれて仲間を大事にする社風があると感じました。
また、前の会社より変化が速く大きいと感じています。そして、会社としての目標もとても高いと思います。達成するのは大変ですが(笑)、その分やりがいもあります。

ターニングポイントはありますか?

新卒で仙台の印刷系会社に就職しデザイナーとして働いていました。ただ、数年立つと仕事が物足りなく感じるようになり、思い切って東京のベンチャー企業に転職をしました。
あるプロモーションの話ですが、いくらデザインを提出しても、なかなかお客さまのOKが出ず、連日会社に泊まり込んで対応していたんだけど、期限に間に合わなくなりそうで、とても辛くてギブアップをしかけたことがありました。そんな時、お客さま、エージェンシー、会社の仲間に「頑張ろうよ!後少しだよ!」と励まされたことがありました。挫折感もかなりありましたが、仕事を発注してくださるお客さまが励ましてくれたのが嬉しかったですね!その時チーム働くことの良さを実感し、仕事に対する価値観が変化したことを覚えています。もう二度とこんな修羅場は経験したくないですが(笑)

現在の業務内容を教えてください。

現在はラーニング・プラットフォーム室として社員の学びの場を創出しています。具体的には新卒の研修やCo-Creation Digital Lab.の企画運営を進めています。

業務の課題はありますか?

現場にフィットした研修設計や、Web業界で必要な学びの体系化を進めていきたいですね。ここに関しては未知の領域なので日々手探りで失敗しながらチャレンジしています!

お仕事のやりがいを教えてください。

やっぱり、参加者からポジティブな反応が得られたときですね!
「参加してよかった!」「現場で活かせる!」という声を聞けるととてもやりがいを感じます。

人材育成の教育計画等はありますか?

元々デザイナーだったこともあり、スペシャリストとしてキャリアを築く難しさは身を持って実感しています。プロフェッショナルとして長期的に活躍できるメンバーを一人でも多く増やしていきたいです。
そのためには、学びを自分事として捉えていくことが必要だと思います。いくら学びの場を提供していても、活用していくのは自分自身なので、自ら意欲的に学ぶきっかけをつかめるように工夫していきたいですね。また、中級上級の人を対象とした、よりハイレベルの講座も企画していきたいです。
自主的に勉強している人は良いですが、そうでない人にも積極的に学べる環境を作っていきたいと思います。

ウェブガーデン仙台ならではの取り組みはありますか?

横のつながりをもっと広げていきたいと思います。年次にかかわらず交流をしたいですね。これからも部門間を股にかけた交流は続けていきたいです。

社員の皆さんへ一言お願いします。

自分自身もクリエイターとして、ものづくりの楽しみ苦しみも経験してきました。今は作る立場ではありませんが、今までの経験を活かし現役クリエイターの皆さんの支援をしていきたいです。
また、地方拠点として、様々なところでキャリアを伸ばせる多様性を育んでいきたいですね。選択肢は一つだけでなく、たくさん用意してあげたいです。

お気に入り

ゼルダの伝説
週末の日課は8歳の娘とニンテンドースイッチのゼルダの伝説を一緒にやること。「今日はこのイベントやろう!」と娘と決めて1時間~2時間くらい遊ぶことが多いです。娘はゼルダが好き過ぎて、画集を見ながら絵を描くのが趣味です。
 
 
 
読書
RPAなどの仕事に関わる本も読んでいますが、ノンフィクションが特に好きですね。最近のおすすめは前野ウルド浩太郎 (著)『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社、2017)。バッタ研究者がアフリカへ単独乗り込んで奮闘するのですが、人生に行き詰まりながら乗り越えていく姿がとても魅力的です!
 
 
 
新しもの好き
実は新しいサービスを試すのがとても好きです。ゾゾスーツも手に入れました。偶然ですが本日のGパンもZOZOオーダーメイドです。アマゾンのAlexaも買いましたね。あと、なるべくキャッシュレス生活をしたいのでKyashも始めてみました。
 
 
 

同僚からのメッセージ

  • LP室 早川 智子
    若手の多いウェブガーデン仙台での安定感のあるお父さん的な存在としてスタッフから慕われています。今は現場クリエイティブマネージャーと全社のCo-Creation Digital Lab.推進を兼務し忙しい毎日だと思いますが、今までのクリエイターとしての経験を活かしながら、メンバーズの拡大を支える重要な育成ミッションをけん引する一人として一緒に頑張りましょう!

    Message image 0
  • Message image 1

    CSO室 市村 真祐
    特にウェブガーデン仙台は若い世代が多いので、東京と地方での社会人としての経験もあり世代や部門を横断的に見ているところがとても頼もしいと感じています。会社が拡大していくには、人材の育成が不可欠ですし、全社の育成を担う立場にありながらオフィスの頼れる管理者として無くてはならない存在です。一緒に全社、拠点を盛り上げていきたいと思います。

  • MOVAAA 工藤 隆弘
    私がウェブガーデン仙台に勤務していたときからとてもお世話になっています。 どんな時でも親身になって相談にのっていただき本当にたくさん助けてもらいました。 本宮さんの時に優しく時に厳しくそして、広い視野で接してくれる姿に私だけでなく多くのスタッフが支えられていると思います。 これからもよろしくお願いいたします!

    Message image 2