こんにちは!メンバーズ採用担当です。

8月24日(金)にビアバッシュを開催しました。
早速、当日の様子をご紹介します!

初開催!ビアバッシュ by メンバーズ LT in 東京 #01

ビールを片手に楽しく自由に語らうビアバッシュ、今回初の開催となりました!
テーマは「Web業界で10年後も生き残る方法を考える」。

メンバーズは、今から10年前、「Webサイト構築とネット広告」から「主事業をWebサイト運用へ集中」と、大幅な方向転換をしました。
クライアント別の専任チーム体制で、定常運用を超えたデジタルマーケティングを企画・提案・実施することで、クライアント毎に異なるマーケティング目標を達成し、急拡大を遂げました。

なぜ10年、メンバーズは勝ち続けられたのか。

次の10年、メンバーズはどう進化するのか。

そのために今、何を学び、何を考え、そして何に挑戦しているのか。

ベテランから若手まで、登壇者が現在、そしてこれからの取り組みをビールを片手に熱く語りました!

LTタイトル
LT#1:Googleって、10年後にはどうなっているんだろう?
LT#2:データから見た10年後の世界
LT#3:新しい提案書の作り方~クライアントとワークショップ!~
LT#4:私のチームは、なぜチーム力を高められたのか

そもそもLTとは?
Lightning Talks (ライトニングトーク) の略で、直訳すると「稲妻トーク」。
持ち時間5分ほどで行なわれる短いプレゼンテーションのことです。技術系のイベントやカンファレンス等でよく行われます。
LTは、ただスピーカーが発表を行うだけでなく、オーディエンスと一体となって盛り上がるのも特徴のひとつ。

今回の大会では、トークスキルが高いベテラン・若手層がスピーカーとして登壇したこともあり、オーディエンスだけでなくドラガール(銅鑼で時間を知らせるタイムキーパー役)やファシリテーターとも一体となって、和気藹々とした会となりました。
LTは「学び」と「交流」の両方を楽しく進められる機会ですので、これからも継続して開催する予定です。



参加者の声/小池さん(メンバーズ2019年度卒内定者)

講座について
講座の第1部はLT(Lightning Talks)でした。4名の登壇者が1人5分の持ち時間で各テーマをプレゼンしてくださいました。
「LT#1:Googleって、10年後にはどうなっているんだろう?」「LT#2:データから見た10年後の世界」「LT#3:新しい提案書の作り方~クライアントとワークショップ!~」「LT#4:私のチームはなぜチーム力を高められたか」というテーマでした。
各テーブルにチョコが用意されており、1つのプレゼンが終わるごとに、面白かったり興味が湧いたりした登壇者へチョコを投げ入れるシステムもありました。チョコは全てのプレゼンが終了した後に登壇者の方々へプレゼントされました。
第2部は交流タイムになっており、登壇者の方へ質問をしたり普段話すタイミングが少ない人たちと交流したりすることができました。
最後はみんなで後片付けをして講座が終了です。
開場から終始緩やかな雰囲気で開場が包まれており、リラックスした状態で参加できる講座でした。

講座に参加した感想・学び
私にとって印象的だったのは、登壇者の方々が皆、「Why」を重要視していたと思えたことです。「目的」とも表現できましょうか。「なぜそれをやるのか」を重要視して日々取り組んでいる姿勢を垣間見ることができました。例えば、「LT#3:新しい提案書の作り方~クライアントとワークショップ!~」にて、どういう提案書を作るか考えるためには、なぜこの案件が発生しているのか、なぜ(サイトのPV数)をあげたいのかを重視して、クライアントと一緒に考える、ということです。私自身、日頃から目的意識を大切にして生きているので、共感する部分がとても多く見聞をより広めることができました。
第2部の交流タイムでも登壇者の方や先輩社員の方々と交流ができてとても楽しい時間となりました。

参加者の声/菊地(メンバーズ社員:ユニットプロデューサー)

講座について
データから見た10年後の世界とメンバーズの新しいチームビルディングについてを紹介する講座です。受講動機は、自分のユニットメンバーが登壇し、チームについて話してくれることになったので、それを見てみようと思って参加しました。

講座に参加した感想・学び
10年後Webやデジタルマーケティングについて、うすうす感じていたリスクや課題を明確に示されて自分自身どうすべきなのかを見つめ直さなくては、という気づきを与えてもらえました。
それと同時に若手リーダーたちから、自分のチームをどうやってまとめているか、クライアントも巻き込んだワークショップをベースにした提案手法など、今すぐチーム運営に活かせるエッセンスの提供もあり、今と未来を見つめ直す良い機会になったと思います。

この講座をどんな人にすすめたいかを教えてください。
自分の部署や近い仲間以外の人とコミュニケーションをとってみたい人。
登壇者と聴講者という敷居に気後れして普段なかなか登壇者に声をかけられない人。Web、デジタルマーケティングまわりの情報交換を気軽にしたい人。
などにおすすめです。
気軽にビールを飲みながら話を聞いたり、登壇者と直接会話ができるのも普通のセミナーよりも敷居が低くて気軽に参加できるポイントです。

Co-Creation Digital Lab.とは?

「Co-Creation Digital Lab.」はメンバーズの社内講座です。講師はメンバーズ社員だけでなく社外の著名な方も迎え、UI/UXやAI・IoT、データ活用、Webライティング、コンセプト作り、など幅広いテーマの講座を開いています!
これらの講座は、社外の方(大学生も含みます)にもご参加いただけるオープン講座として、みんなで創るLab.としてオープンな学びの場となっています。

是非お気軽にご参加ください!
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!