%e3%82%ad%e3%83%bc2

こんにちは!2020年4月に新卒入社予定の及川(オイカワ)です!現在、私はメンバーズのHRエンゲージメント室エンゲージメントグループで内定者インターンをしています。

今回は2/27(木)に東京で開催された【高専生向け1Dayインターン(キャリアビジョンとマーケティングを考える)】に参加しました!
先日のプロデューサー向けインターンでは隅っこから見守っているだけでしたが、今回は学生さんに混ざって一緒にワークをしました。

▼スケジュール▼

アイスブレイク
Web業界/メンバーズの説明
Webマーケティングワークショップ
キャリアビジョンワークショップ
最後に(メンバーズが考える「明るい未来」)

▼アイスブレイク▼

今回のアイスブレイクは難しいっ

「積み木式自己紹介」

??なんぞや??
自分の番が回ってきたら前の人たちの名前をすべて言ってから自己紹介をするというものです。

一人目:A高専のアーです。よろしくお願いします。
二人目:A高専のアーさんです。私はB高専のイーです。よろしくお願いします。
三人目:A高専のアーさんです。B高専のイーさんです。私はC高専のウーです。よろしくお願いします。

こんな感じです。これで名前を完璧に覚えられるという…。
オイカワは2番目でしたが、もうパニックでした。前の学生さんの自己紹介覚えられずあたふた…。
最後の学生さんは4人分の自己紹介をしっかり覚えてスラスラと紹介していました。すごい。

▼Web業界/メンバーズについて

12

メンバーズは日本企業内での高専生採用ランキング7位!情報系企業では、一番高専生を採用している会社なんです。

職種の説明では、高専卒の社員さん5人ほどのリアルな業務をご紹介いただきました。
年間表彰でベストクリエイター賞若手部門優秀賞に輝いた社員さんのお話にはみなさん目を輝かせていましたね。高専卒の社員さんはコーダーやデータサイエンティストなど様々な職種で活躍しています!

▼Webマーケティングワークショップ

%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%95%e3%82%932

実際の現場では、課題解決の為に、下記の流れに沿ってWebページ/サービスの内容を考えていきます。

①ユーザー調査
サービス対象者はどんな人で、どんなことを考えているのか
②ユーザーモデリング
「ペルソナ(架空のターゲット)」をつくる(その人の普段の行動は?特性は?)
③体験の設計
ペルソナに提供したい体験を考える
④改修のコンセプトを考える
どういう価値を伝えたいか、言語化したもの
⑤カタチにする
ペーパープロトタイプ、ワイヤーフレームなど
⑥実際に使用する/ユーザーに評価してもらう

今回のワークでは①~⑤を考えていきます。

ワークをスタートする前に参加者はそれぞれ自分の役割を決めます。私のチームはディレクターが二人、デザイナー、データアナリストがそれぞれ一人ずつのチームとなりました。

まず初めはユーザー調査です。聞き役、聞かれ役、メモ役に分かれ、参加者の学生さんに「高専オープンキャンパス」についてインタビューをします。

インタビューをするときの心構えについても教えていただきました。
インタビューでユーザー(聞かれ役)でも気づいていない欲求や行動の理由を見つけてあげます!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf2

続いて、ペルソナ設定です。
インタビューした内容から、自分たちでペルソナを設定します。

今回私達は、ミウラタケシくんという架空の人物をつくりあげました。タケシくんは15歳の男の子。人とコミュニケーションをとるのが苦手で趣味はモノづくり。知り合いに高専生がおり、高専に進学するか一般の高校に進学するか迷っている状況です。

このように自分たちで、高専のオープンキャンパスに参加しそうなペルソナを考えます。

ペルソナが決まったら、ペルソナに提供する体験を考えます。
カスタマージャーニーマップを作り、ペルソナの行動を予測します。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%83%bc2

さて、カスタマージャーニーマップが完成したら、コンセプトの設定です。コンテンツの軸となる考えを設定します。

ちなみに私達は、ペルソナのミウラタケシくんはモノづくりが好きで手を動かせる授業を受けたいと思っていそう…。真面目だけどめんどくさがりそう…。などのイメージから「手を動かせる」「気軽さ」をコンセプトにしました。

コンセプト決めって意外と難しいっ!

いよいよアウトプットの作成です。まずはサイトに載せる情報を整理していきます。情報の優先順位や画像などの情報をコンセプトの元、決めていきます。

さて、情報の整理が終わったら「情報の優先度」を意識してワイヤーフレームを作成します。
※ワイヤーフレームとはwebページのレイアウトを定める設計図のこと。

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc2

アウトプットまで作成したところで、ワークで自分は何にこだわって作業していたのかを振り返ります。

最後はプレゼンです。ワークの作業と各担当のこだわりを発表!
ディレクター役の学生さんは「手軽さを全面に押し出し、優先順位の高い情報の量を多くしました。」と語っていました。

以上でWebマーケティングワークショップおわりです!約1時間半ほどのワークでしたが、あっという間でしたね。サイト一つをつくるために調査をしたり、ペルソナ設定をしたりなど考えなくてはいけないことはたくさんあります。

▼キャリアビジョンワークショップ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%83%bc2

続いては自分の強みや将来、日本の未来を考えるワークショップです。
自分について深く知ることができたワークでした。

まずは、自分についてのワークです。
将来自分がなりたい「型」・強めたい資質を考えます。チームで自分の資質や将来どうなりたいかを共有し合いました。

型は5つあります。

①「I」 型:専門的能力・知見に特化したスペシャリスト
②「-」 型:汎用適な知見や多様な社会経験を持ったゼネラリスト
③「T」 型:専門的能力と汎用的な知見経験を兼ね備えるクロス・ディシプリンド
④「Π」 型:専門分野を複数持ちハイブリッドに活かすダブルメジャード
⑤「H」 型:様々な人のもつ専門能力を越境的につなぎ合わせるトランス・バウンダリー

参加者の皆さんは悩みながらも自分の型とその型になるために、自分が強めるべき資質について考えていました。

チームで共有することによって、自分の将来を明確に言語化することができ、言語化することで自分についてもっとよく考えることができたと思います。

%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e6%9c%80%e5%be%8c2

続いて社会についてのワークです。ワークテーマは「2030年の世界を考えてみよう」
2030年に起こる出来事を未来年表などを参考に付箋に書き出します。
「東京のスマートシティ化」や「労働力不足」「人口増加」などなどポジティブ、ネガティブたくさんの出来事が挙げられました。

未来が楽しみになる反面、不安になる要素もたくさんありましたね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a222

書き出した出来事をポジショニングし、グループでディスカッションします。

ディスカッションは白熱しましたねぇ。
「年金支給が65歳になるなら、ベーシックインカムがほしい!」や「スマートシティ化が進んで、VR技術が進化したら旅行に行かなくなるんじゃない?」「いや、逆に自動運転の技術ができるから、旅行に行く人が増える!」などなど未来は無限の可能性がありました。

それぞれ、自分が思い描く「幸せな未来」を考えることができました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2222

最後は思い描いた幸せな未来での「自分の役割」を考えます。

参加者の学生さんは「将来、Al技術が発展し、世の中が豊かになるとともに多くの仕事がAIに変わってしまうと思います。そんな社会の中で僕はAlでは見逃してしまうような、データだけでは分からない部分で新しいアイディアを生みだしていきたいと思います。」と語っていました。

▼最後に(メンバーズが考える「明るい未来」)

%e3%81%bf%e3%82%89%e3%81%842

メンバーズのミッションに対する想いやCSV経営の考えを聞きました。実際にメンバーズが成し遂げた事例の紹介や取り組みについての説明もあります。

CSV経営やメンバーズについて知りたい人は説明会などでもお話してます!ちょっとでも気になったら説明会へGO

 

はい!お疲れさまでした!
5時間半に及ぶ1Dayインターンやりきました。Web業界や自分のキャリアについて考える良い機会になったと思います。
日本の未来についても改まって考えたことがなかったので、データや未来年表から未来を想像するのはとても楽しかったです。

レポートでは伝えきれないほど内容の濃いインターンでした!
今回レポートしたのはインターンのほんの一部です。全貌を知りたい人は是非インターンに参加してください♪

 

今後も高専生向けのイベントをどしどし開催予定です。
▼詳しくはコチラから

【21卒高専生向け】各種メンバーズイベントをご案内します!