入社前から現在、今後の目標などテーマ毎に新卒入社の社員にインタビューする「メンバーズクリップ」。今回からは2017年新卒社員を対象に、どのような学生時代を過ごしてきたか、また将来どのような人になりたいかをテーマにしたインタビューをお送りします。
第二弾は、佐藤 裕佳(2017年新卒入社)のインタビューです!

(第一弾 我有 才怜のインタビューはこちらから)

2017_sato

どのような学生時代を過ごしましたか?

大学生時代は、研究、課外活動、バイト、遊びなど、目の前にあるものに惜しみなくどっぷりハマって、4年間という限られた期間をいかに濃密なものにできるか考えて生活していました。
課外活動においては学園祭実行委員の活動と、地元・秋田の地域活性化の活動に注力していました。特に学園祭実行委員では、参加団体との連携を取る役割で、どのように団体数を増やすか、どうしたら当日のお客さまに団体の企画を充分に楽しんでいただけるか、自ら考えて実行することに大きなやりがいを感じていました。また、ゼミでの研究活動にも多くの時間を割いていました。

メンバーズに入社した理由は?

大学生時代を振り返ったときに、「周りの人がいるから自分は頑張れていた」と実感しました。これまで思い通りにいかなくて泣きたかったとき、もうやめてしまいたいと思うほど時間に追われたとき、頑張ろうと思えたのはともに頑張る仲間がいたからでした。ですので、就職活動では社員や会社の雰囲気、風土が自分に合うかどうかを重視していました。メンバーズの選考を進む中で、社名の通り人を大事にするポリシーや、社員全員が同じミッションを掲げる一体感、雰囲気に心地よさを感じ、入社を決意しました。

将来の目標を教えてください。

「あの人と仕事をしたい」と思ってもらえるような人になりたいです。そのためには、自身のスキルを高めることはもちろん、自己管理能力や論理的思考力、仕事においてのコミュニケーション能力も必要だと感じています。期間ごとに具体的な目標を設定し、環境や時間を自身の成長に最大限活用していきたいです。

就活生へ一言!

就活は自分と社会を知るきっかけになります。悲観的にならず、将来自分は何がしたいのか、どうなりたいのかを考え、ワクワクしながら楽しんで就職活動に挑んでいただきたいです。頑張ってください!

メンバーズクリップ 2015~2017年新卒社員の声はこちらから