入社前から現在、今後の目標などテーマ毎に新卒入社の社員にインタビューする「メンバーズクリップ」。今回からは2017年新卒社員を対象に、どのような学生時代を過ごしてきたか、また将来どのような人になりたいかをテーマにしたインタビューをお送りします。

第一弾は、我有 才怜(2017年新卒入社)のインタビューです。どうぞご覧ください!

2017_gau

どのような学生時代を過ごしましたか?

大学時代は途上国開発を専攻し、貧困問題や環境問題はどのように解決できるのかというテーマを扱っていました。その中で、「ビジネスを通じて社会的課題を解決する」という考え方に強い関心を抱き、自分でも何かアクションを起こしたいという思いが芽生えました。そこで、もともとの関心分野であった農業や食の分野で課題解決を行う団体を自ら立ち上げ、規格外野菜を使ったスムージーのマルシェ出店や「畑から食卓まで」収穫体験&料理教室ツアーの企画運営など、地域や大学と協働でアイディアを具現化してきました。共感を生んでいくことの難しさと喜びを実感できた4年間だったと思っています。

メンバーズに入社した理由は?

メンバーズへの入社を決意した最大の決め手は、ミッションへの強い共感です。『“MEMBERSHIP”でマーケティングを変え、心豊かな社会を創る』に込められた思いを聞いたとき、自分が考えていたことにこんなにも近くて、それを本気で実現させようとしている企業があるのかと鳥肌が立ったのを今でも覚えています。「社会的課題を解決するためには、企業と消費者の役割が重要だ」という大学での気づきをそのまま仕事に活かせ、自分のやりたいことと会社が目指す方向性が一致していることが、大きなポイントでした。

将来の目標を教えてください。

抽象的ですが、「買い物革命」を起こすことが今の夢です。押し売りではなく、消費者が自らの意思(この企業の考え方は共感できる、このミッション応援したい!など)で自発的に選ぶ買い物を増やしたいと考えています。また、企業と消費者の関係づくりをデジタルマーケティングで支援するだけでなく、本業を通じた社会課題解決を実践する側にもなりたいと思っています。

就活生へ一言!

社会人になって「自分はこの会社で何に向かって頑張っているか」と自問したときに、自信をもって納得のいく答えを自答できるだろうと思える会社を見つけられるように、自分自身を見つめ直す貴重な時間にしてください!

2015年・2016年新卒社員のメンバーズクリップはこちらから