csvuniv_01

こんにちは。メンバーズ広報担当 平戸です。

メンバーズと子会社エンゲージメント・ファーストは7月8日(土)、社会的課題の解決と企業の利益、競争力向上を同時に実現するアイデア(CSVモデル)を大学生から募集し、コンテスト形式で優秀なアイデアを表彰する「第1回 大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」を開催しました!

本記事では、イベントの結果とともに当日の様子をお伝えします。

予選からプレゼンテーションは白熱!

イベント会場である学習院大学池袋キャンパス11号館には、6大学計16チームの学生約100名が集結。開会挨拶の後、2会場8チームごとに分かれて予選が行われました。

csvuniv_02

csvuniv_03

csvuniv_04

どのチームも、メンバー同士で議論を重ねながらプレゼンテーションを練り上げてきたのが伝わってきます。プレゼンテーションの中には、実際に商品を売り出す際のパッケージを提案したり、プロモーション用動画のイメージを実演で披露するなど、工夫を盛り込んだものもありました。

予選の結果、各会場上位2チーム、計4チームが決勝戦に進出することとなりました!

決勝戦にはレベルの高いプレゼンテーションが集結!

決勝戦に進出した上位4チームは、全参加者に向けて今一度プレゼンテーションを行いました。

学習院大学 経営学部経営学科 斉藤客員教授 履修学生
「それぞれの美しさを認め合える社会へ」

csvuniv_05

立教大学 経営学部 松本教授 ゼミ生 3班
「住まいの工夫による共働き世帯のワークライフインテグレーションの創造」

csvuniv_06

立教大学 経営学部 松本教授 ゼミ生 2班
「オトコを上げるSLQメーキャップのススメ」

csvuniv_07

宮城大学 事業構想学部 日原教授 ゼミ生
「マナーポイント制」

csvuniv_08

イベントは終始和やかな雰囲気ではありましたが、学生の皆さんのプレゼンテーションはどれも真剣で、熱がこもっていました。審査員である国内大手企業のご担当者さまとの質疑応答でも、言葉に詰まることなく冷静に、真摯に受け答えをしていたのが印象的でした!

結果発表

決勝戦の審査員の皆さまによる厳正な審査の結果、本イベントの結果は以下の通りとなりました。

【最優秀賞】
学習院大学 経営学部経営学科 斉藤客員教授 履修学生
「それぞれの美しさを認め合える社会へ」

csvuniv_09

【キリンホールディングス 賞】
立教大学 経営学部 松本教授 ゼミ生 6班
「クラフトビール×酒類メーカーの責任」

csvuniv_10

【資生堂 賞】
立教大学 経営学部 松本教授 ゼミ生 2班
「オトコを上げるSLQメーキャップのススメ」

csvuniv_11

【トヨタファイナンス 賞】
宮城大学 事業構想学部 日原教授 ゼミ生
「マナーポイント制」

csvuniv_12

【三井不動産レジデンシャル 賞】
立教大学 経営学部 松本教授 ゼミ生 3班
「住まいの工夫による共働き世帯のワークライフインテグレーションの創造」

csvuniv_13

【メンバーズ 賞】
高崎経済大学 経済学部経営学科 佐藤教授 ゼミ生
「資生堂×アプリ」

csvuniv_14

見事各企業賞を受賞された皆さん、おめでとうございます!本イベントに向けプレゼンテーションを準備してくださった参加者の皆さん、お疲れ様でした。

なお、本イベントの運営にあたってはイノベーション学生チームdot(ドット)にご協力をいただきました。dotの皆さん、誠にありがとうございました!

「第1回 大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」を終えて

今回のイベントを通して、CSVに対する若い世代の関心の高まりを感じることができました。各プレゼンテーションは、身近なできごとや気づきを起点としつつも、社会問題とそれに対する具体的な解決策の提示まで導くことができており、とてもレベルの高いものでした。また、審査員の方がご講評で述べられていた通り、学生の皆さんはCSVという新しい概念を正確に理解したうえで提案を組み立てることができていました。

メンバーズでは今後も、CSV経営を推進するさまざまな取り組みを行ってまいります!

■本イベントに関するメンバーズのニュースリリースはこちら

■メンバーズがCSV経営を推進する理由はMEMBERS STORYをご覧ください。