当連載企画「面接官コラム」では、実際に面接官を担当する社員がさまざまな角度から就職活動のお役立ち情報をお伝えします。今回のテーマは、「幸せな働き方」。世界一幸せな国・デンマークへの視察を通して得られた知見やヒントについて、常務執行役員 高野がお話しします。
これからの企業のモデルとなる働き方について理解を深めながら、ご自分の仕事に対する価値観を今一度見つめ直してみてはいかがでしょうか?

IMG_1100

皆さん、こんにちは。経営企画担当役員の高野です。

メンバーズはデジタルクリエイターが日本で最も活躍し、最も幸せに働く会社を目指しています。デザイン思考を活かして課題解決を行えるデジタルクリエイターの力で社会にイノベーションを起こし、心豊かな社会の創造に貢献することが、メンバーズのミッション実現に向けた基本方針のひとつです。

そうは言っても、「幸せな働き方」は一朝一夕に実現できるものではありません。また、これを行えば必ずうまくいくという模範解答があるわけでもありません。そこで「幸せな働き方」のヒントを得るために、今年の3月に私ともう1名の役員とで、世界一幸せな国と言われるデンマークへ視察に行ってきました。今回は視察レポートを通して、これからの働き方や、就職活動において企業風土を吟味する上で重要なポイントについてお伝えしたいと思います。

世界一幸せな国、デンマークの働き方とは

1

視察レポートに先立って、デンマークという国の現状についてお話ししたいと思います。

デンマークは国連が発表する世界幸福度ランキングで2013年、2014年、2016年にNo.1に輝いています(実はデンマーク視察中にちょうど2017年のランキングの発表があり、そこではノルウェーに敗れて第2位になってしまいましたが、ここでは便宜上「世界一」とさせてください)。一方で日本はというと2017年実績で51位(155ヶ国中)。GDP世界3位の国としてはいまいち振るわないような印象を受けます。

デンマークというと、皆さんどんなイメージを持っているでしょうか。北欧諸国といえば高福祉、というイメージを持っている方もいることと思いますが、デンマークはその代表格です。医療費は一生無料、年金も十分に受け取ることができ、老後の心配は要りません。学費も無料で、国民は心ゆくまで勉強に励むことができます。万が一失業してしまったときも収入のサポートがありますし、次の仕事が見つけられるように職業訓練や職探しが手厚く支援されます。もちろんこれらの高福祉の裏には高負担があります。消費税25%を含めデンマークの国民負担率(租税負担率+社会保証負担率)は約70%で、こちらは世界2位です。一方の日本の国民負担率は約40%です。自分で自由に使えるお金の割合は、日本の方が大きいといえるでしょう。

その他にも、家具や食器などに代表される北欧デザインを思い浮かべる方もいるかもしれません。また、日本国内ではあまり知られていませんが、日本で導入が難航しているマイナンバーのような国民データベースがデンマークでは30年以上前から利用されており、現在では世界に先駆けて全国民の医療情報がビッグデータとして活用されているIT先進国です。さらに、2050年に発電における化石燃料の使用ゼロを目指すクリーンエネルギーの先進国でもあります。

つまりおおまかに言えば、デンマークはクリエイティブに強く、先進的にITを活用しており、持続可能な社会の創造にも先進的にチャレンジしていて、そして国民は世界一幸せ。まさしくメンバーズがお手本とするのにぴったりの国です。ということで、たった1週間ではありますがその秘訣を探りに視察に行ってきました。

訪問先は北欧No.1のブランドデザインエージェンシーであるKontrapunkt社、スワンチェア等で有名な歴史的名作を生み続ける家具ブランドFritz Hansen社、気鋭のクリエイティブ・コンサルティング・ベンチャーのBespoke社の3社。それからデザインカレッジの学生、理工系高校の学生、先生、校長先生、小中学校の先生、そしてIT系大学の教授と、幅広く多くの人々にお会いして、「幸せに働く」ということについて話を伺ってきました。前置きが長くなりましたが、次章以降、この視察で得られた幸せな働き方のポイントをお伝えしたいと思います。

1 ワークライフバランス:家族と過ごす時間の重要性

デンマークの会社では一般的に8時半に勤務時間がスタートし、4時に終わります。昼食はオフィス内で30分の間にとります。早く来て、集中して働いて、早く帰ります。とはいえ、プロジェクトの納期前には残業もあるし、必要であれば家族での夕食の後に在宅で仕事をすることもあります。基本的に働き方は個人の裁量に任されていて、結果責任、成果主義の考え方が定着しています。日本の裁量労働制に近いようにも思われますが、勤労を美徳とする日本においては組織への強い同調圧力や人手不足と相俟って、どうしても裁量労働制と成果主義の組み合わせは過重労働につながりやすくなります。しかしデンマークでは多くの人が家族と過ごす時間が大切だと考えており、ワークライフバランスが大事であるという価値観が国全体で共有されています。

家族との時間が大事、と言っても、就活生の皆さんにはまだピンと来ない人も多いかもしれませんが、日本も共働きや介護が当たり前になる中で、働き方の多様性を担保できる環境は欠かせなくなっていくはずです。

2 民主主義、自己効力感:自分の人生を自分で決める感覚

多くの方がデンマークの組織文化は民主主義的だと言います。民主主義的と聞くと、多数決で組織の意思決定が行われるようなイメージが浮かびがちですが、デンマークの人々の考える民主主義はそれとは異なっていました。まずベースとなるのは個々人の意見・意思が非常に尊重されるということ。そしてそれを表すように組織文化はオープンでヒエラルキーがなくフラット、そして皆とてもフレンドリーです。

【Fritz Hansen社の非常にオープンなCEOオフィス】

2

大事なのは、「個人の意見・意思が尊重される」ということが、自分自身についての自己決定権があることに加えて、組織運営においても個々人の意見が尊重され、組織運営への参加感や、更には自己効力感(「ある行動を実行できる」という期待や自信を自ら持っていること)があるという意味も含むということです。

ちなみに、私が以前勤めていた大手銀行からメンバーズに転職してきて最も大きな違いだと感じたのがまさしくこの点です。銀行にいたころは、自分が頑張ろうが少々手を抜こうが会社には何の影響もない、自分が何を言おうが会社が変わるわけはない、自分がやることは会社が決める、自分は会社に従属的な存在であり自分の処遇・キャリアは会社が決めるものと考えていました(もちろん誰もがこのような考え方を持っているわけではありません)。極端に言えば昨今流行したドラマ『半沢直樹』に出てくる、子会社への出向を恐れている社員のようなものです。

しかしメンバーズに来てからは、自分の成果と会社の成果が直結していて、自分の成長と会社の成長を同時に感じられるようになりました。自分がやりたいと思うこと・やるべきと思うことを主体的に発言・提案することが尊重される企業文化であることも身にしみて実感しています。そもそもメンバーズは、参加意識を持った社員の集団でありたいという想い(「全員参加型経営」)が社名の由来となっているのです。少し大げさかもしれませんが、メンバーズで働いていると周りの環境も含めて「自分の人生を自分で決めている」感覚があるのです。これは、多くの日本人に不足している感覚ではないでしょうか。

3 目的と価値:仕事を通して何のためにどんな価値を提供しているのか

デンマークの人々と話をしていると、purpose of life(人生の目的)やsocial value(社会的な価値)という言葉をよく耳にします。自分の仕事や自分の会社のビジネスが誰のため、何のためにどんな価値を提供しているのか、ということを多くの方が自然に語ります。そしてそれが仕事における自分たちの幸福感につながっているのです。

先日Facebookのザッカーバーグがハーバード大学の卒業式のスピーチでも「目的」について話をしていましたね(参考)。これも日本の職場では実感されにくい感覚ではないでしょうか。日本ではビジネスは稼ぐためのものだとか、仕事だから仕方ない、青臭い、そんな綺麗ごとは叶わないといったような話を聞きます。この傾向があるのは日本人が懐疑的、悲観的なのか、はたまた諦め気味であるからなのかは分かりませんが、概して組織が大きくなればなるほどその企業本来の事業の「目的」や「価値」というものが軽視されて、組織の維持または利益の拡大に関心が向きがちであるように思います。

しかし今の若い世代は非常に社会貢献志向が強く、自分が稼ぐことよりも仕事の「目的」が大切だと考えている人が非常に多いという印象を持っています。自分が共感できる「目的」のために仕事をする方が幸せなのは、綺麗ごとではなく本来当たり前であるべきです。デンマークの人々は世代を問わずそれをごく当たり前だと考えていることに驚きましたが、同時にそれこそがあるべき仕事に対する姿勢なのだと強く実感するに至りました。

さいごに

メンバーズの社員に日本で最も幸せに働いてもらいたいと思い、デンマークの働き方について視察に行ってきましたが、この「幸せな働き方」のヒントは就活生の皆さんにもぜひ知ってもらいたいと思い、今回紹介することにしました。現代の就活においては1つ目の「ワークライフバランス」と3つ目の仕事の「目的」を仕事選びの軸にしている人は多数いらっしゃると思いますが、2つ目の「民主主義・自己効力感」について意識して就活に臨む学生さんは少ないのではないでしょうか。メンバーズでも、すべてを完璧にできているわけではありませんが、上記の3つの観点を意識した取り組みを進めており、今後とも注力していきたいと考えています。

このレポートが、皆さんが幸せなキャリアを実現するための参考になれば幸いです。