womembers_logo_02_0314_05_yoko

メンバーズでは、出産や育児、介護など社員の様々なライフステージに応じた働きやすい環境づくりと、女性社員の活躍推進に関わる取り組みをさらに加速させていくための計画として、2016年4月に「Womembers Program(ウィメンバーズ・プログラム)」を策定しました。
今回は1年間の活動の振り返りと、2017年度の活動方針についてお伝えします!

Womembers Programの3ヵ年目標

まず、Womembers Programの目標についてあらためて説明します。
Womembers Programでは、「女性社員の長期的なキャリア形成の支援強化」「ワークライフバランスの実現」「多様なワークスタイルの確立」をテーマとして社員の活躍機会の拡充を目指しています。
このテーマに沿ってWomembers Programが掲げている活動目標は、以下の4点です。

  1. 社員意識調査における女性社員の友人への入社推奨意向60%以上
  2. 男性社員の両立支援制度(育児休業、時短・在宅勤務)の利用50%以上(対象社員)
  3. 女性管理職比率30%以上
  4. 社員全体の残業時間を月平均15h以内

Womembers Program 2016年度の成果は?

まず、女性社員の入社推奨意向については2017年2月時点で48%。通期の平均では前年度比14.0ポイントアップと、大幅に向上しました。
(以下の図では、灰色が当初の目標値、ピンク色の実線が実績値を表しています。)

22Y_women_rec

続いて男性社員の両立支援制度利用は、前年度比18.7ポイントアップと大幅に増加し、対象社員の30.8%が利用しているという結果になりました。

22Y_men_util

また女性管理職の比率も、前年同時期から10.5ポイントアップし、26.5%となりました。

22Y_women_mgr

このほかにも、月平均残業時間が通期22.1%減の21.9時間になるなど、全項目において大きく前進しました。(進捗報告のページにもまとめておりますので、そちらもご覧ください。)

2016年度、このような高い成果を出すにあたって、Womembers Programではさまざまな取り組みを推進してきました。それでは、実際に行った取り組みの例をご紹介します。

2016年度の主な取り組み

①Womembers Program座談会

womembers_22Y_dis

②研修・社内イベント時の託児所設置

womembers_22Y_nur

③マネージャー向け会議の実施時間変更
④Womembers賞 新設

2017年度のWomembers Programは「イクメンバーズ」を支援!

今年度のWomembers Programは引き続きパパ社員・ママ社員ともに全面的に支援を続けていきますが、中でも、仕事と子育ての両立を楽しんで頑張っている「イクメンバーズ」(パパ社員)にフォーカスし、支援推進していくとともに「生の声」を皆さんにお伝えしていきたいと思います。
また、座談会の中で出た意見をもとに、社員向けに両立支援制度を解説する機会を設けるなどして、より多くの社員の皆さんが支援制度を活用できるようにしていく予定です。

Womembers Program推進委員長からひとこと

  • WomembersProgram推進委員会の幸せVISIONとして「メンバーズって素敵な会社だね!女性も男性も幸せで楽しそうにイキイキしているね!と言われる環境を創ること」を目指しています。
    女性活躍を推進するプログラムとしてWomembersProgramを策定していますが、男性社員も同様に活躍することが大変重要であると考えており、2017年度はママ社員と同じように仕事と子育ての両立を楽しんで頑張っているイクメンバーズ(パパ社員の支援を推進していく予定です。
    女性も男性もともに幸せな働き方や暮らしを実現するためには、今までの価値観から新しい価値観や文化へステージアップさせていくことがとても大切ですが、多様化するライフスタイルを受け入れるために、多様な選択ができる文化や環境を皆さんと一緒に創っていくことが大切だと考えます。ぜひ一緒に素敵な環境を創っていきましょう。(Womembers Program推進委員長 早川智子)

    Message image 0