「メンバーズクリップ」では入社前から現在、今後の目標などテーマ毎に新卒入社の社員にインタビューします!今回は、インバウンドマーケティングの部署でディレクター兼プロデューサーとして活躍しているHUR Bo Rhyung(ホ ボリョン/2016年新卒入社)のご紹介です。

img_2538

メンバーズと出会ったきっかけは?

就職活動中、知人から気軽に参加ができると勧められ参加したMembers University for Students(1Dayインターン)がメンバーズに興味を持ったきっかけです。当日のインターンの内容はGoogle Analyticsで抽出したデータをもとにユーザーの行動を分析し、改善策を考えてチームで発表するというものでした。
学生時代は算数、数学が苦手科目でデータを扱えるか不安でしたが、このインターンでは実際の業務にもとづいて設計されていたので、実践的にメンバーズの仕事が体感できるものになっており、とても楽しんで参加したことを今でも覚えています。Webサイトに訪問するユーザーの数や行動をデータ上で分析し、それを元に仮説を組み立て、改善案を提案しました。その際、デジタルマーケティングにおける企画・戦略立案の面白さを感じました!こんなに面白くてエキサイティングな仕事を毎日できると思うとワクワクして、メンバーズへの入社を決めました。

現在、担っている仕事を教えてください。

現在は、インバウンドマーケティングに特化した部署で、訪日外国人向けに情報を発信するお客さまのマーケティング支援をしています。
私は大学進学を機に日本に留学したのですが、その当時から、訪日外国人の情報格差には常に問題意識を持っていました。日本語が得意な留学生はより多くの情報を手に入れることができ、日本語が苦手な留学生は言葉が分からないことで手に入る情報の量が少なくなってしまうのが現状です。
私自身が当事者であるため、留学当時の困った経験を活かし、お客さまの「より多くの訪日外国人に情報を届けたい」という気持ちと、訪日外国人の「信頼できる日本の情報を多く手に入れたい」という気持ちをつなげられるように、日々奮闘しています。

今後の夢や目標はなんですか?

将来の目標や夢はたくさんあり、ここではお話しきれないため目標のうちの一つだけを紹介します。
私は「Digital Nomad」になり、環境や場所にとらわれずに活躍したいと考えています。現在も拠点間でWeb会議を活用し、離れた場所にいるメンバーと仕事をしていますが、世間で注目されるリモートワークという新しい働き方がIT/Web業界だけでなく、社会全体で受け入れられることを期待しています。

就職活動生にメッセージを一言!

たくさんの企業の中で自分と合う企業を探すことは、砂漠で針を見つけるほど大変だと思います。
辛いこともたくさんあると思いますが、就職活動をすると決めたならば思いっきり楽しんで、面接では思いの丈をぶつけてください。学校外の人たちとたくさん出会い、視野が広がる大切な時期です。そうすればきっと、就職活動が自分自身と真正面で向き合う大切な経験になると思います。