「プロフェッショナル・メンバーズ」では、メンバーズで活躍するプロフェッショナルな社員を紹介しています。今回は、アートディレクターとして活躍している錦織 愛にお仕事やキャリアについてをインタビューしました。
%e6%b0%b4%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93

メンバーズに入社した経緯・理由を教えてください。

美大を卒業後、フリーランスでWebデザイナーとして活動していました。その頃は、インターネット黎明期。デザイン業界といえばグラフィックが主流だったので、グラフィック・DTPのクライアントワーク経験を積みつつ、個人でWebの仕事を請け負っていました。Webデザインの魅力に開眼したのがその時期です。それから間もなく、企業のWeb部門新設に伴うオファーをいただいた事をきっかけに会社員人生が始まりました。
メンバーズを選んだのは、それまでの実績やクライアント企業の規模から、自身の経験、デザインスキルを活かせる状況がありそうだと感じたからです。これから売上・規模ともに拡大していく可能性があり、そのステージに自分の身を置いて挑戦したい、と思いました。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか。

デザインする上で大切にしていることは、ただ見た目がキレイなものではなく、受け手のニーズを理解した上で、ロジックと感性を融合させたクリエイティブなアウトプットを提供することです。例えばメールの文面においても、何かしらの強弱があるもの全てにおいて、その時に適したデザインが必要だと考えています。そういう意味で日本のデザインは、まだまだ未成熟。見た目だけではなく「その時に必要なデザイン」の理解が世の中に浸透するといいですね。
日本では、伝統文化など粋なデザインを古くから持っているにもかかわらず、海外のデザイン文化に対して、ネガティブだったり敷居の高さを感じているのも未成熟である要因の1つなのかもしれません。文字詰め1つにおいても、せめてデザインする側にはプロとしての「必要なデザイン」意識を持っていて欲しいと思っています。

メンバーズ社内の雰囲気はどうでしょうか。

素直で誠実に仕事を進める人が多く、自由な発想を仕事のアウトプットとして結び付けることができる職場です。

ブレイクスルーとなる出来事があれば教えて下さい。

デジタルマーケティング企業に所属している時に係わったアートディレクターさんとの出会いは、フリーランスとしてキャリアを積み重ねていた私への影響力が大きかったですね。なぜデザインをするのか、どのような目的でどのような効果を期待しているのかなど、マーケティング目線でデザインしていないと、それはユーザーにもクライアントにも役に立たない見た目だけのデザインができるだけ。ただ見た目がカッコ良いデザインは多く存在するものの、ニーズに応えるデザインの正解は1つ、2つと数少ないのだということに気づかされました。どの案件においても常に気づきはありますが中でも自分のデザインにおける視点が変わったエピソードです。これがきっかけにデザインするのが楽になりました。

今後メンバーズでやりたいことを教えてください。

クリエイティブに対して横のつながりを太くすることで強いブランドを確立していきたいです。
また、様々なニーズに対して適切なデザインに落とし込める力があることを知ってもらうこと、メンバーズの提供するクリエイティブにおける価値やデザイナーの立場を世間に正しく評価してもらいたいと思っています。

デザイナー・アートディレクターを目指す若手に一言!

デザイナーは、先輩がデザイン力に長けている事は当たり前のことです。単純にデザインのアプローチや手法の引き出しを多く持っているだけ。アイディアの根源は全員同じです。出来ないからと言って怖気づかずにアイディアを出してください。
アートディレクターは、いいものを作って満足するのではなく、マーケティング指標を意識した領域まで踏み込み、デザインとビジネスゴールの接点を考えること。シビアな世界でどうやって数値につながるクリエイティブを提供できるかが肝です。メンバーズならではの多彩な領域で挑戦できる環境を有効に活用してください。

これまでのキャリア

1995- フリーランス
業界が紙媒体を主流としていたため、グラフィックデザインを中心に仕事に従事。Webデザインに触れる機会があり、以後Webデザインの世界に入っていった。

2002- 製作会社A
Web専門の制作チームを立ち上げ、自身のスキルアップと共にスタッフの指導育成にあたる。

2004- 製作会社B
アートディレクターとして大手サイトプロジェクトのデザインチームリーダーとして、クオリティー管理・スタッフ育成などを含めたマネジメント業務を行う。

2008- 製作会社C
大手サイトプロジェクトに参加。デザイナーとしてのスキルを追及しつつアートディレクターとして全体像をとらえたクオリティの高いアウトプットを行う。

2015- メンバーズ
平均2~3件のプロジェクトを並行して進行。現在は大手アパレル企業のECサイトのアートディレクションも行っている。

同僚からのメッセージ

  • 第2ビジネスユニットビジネスユニット長 高口 竜太
    ゴリさん、なんか、、見た目だけでもADとしての説得力あるよね。もちろん実力とか熱い思いもすごくあるんだけど。
    これまでのメンバーズにはなかった、見た目の雰囲気からでもクリエイティビティを感じられる人。これすごく大事だと思う。
    酒飲むと若干メンドくせーけどそこはご愛嬌。。

    Message image 0
  • Message image 1

    ビジネス開発室 室長 山藤 茂樹
    お客様へのコミットメントが強い弊社にあって、特にその意識が高く、真のプロフェッショナルとして見習う点が多いです。それはプライベートのお祭り好きも同様らしく夏場はテンション高い気がします(笑)。小さなカラダで大きなパフォーマンスを発揮する素敵で頼れる姐さんです!

  • P&I クリエイティブリーダー 遠藤 健二
    グラフィックデザインで右に出る者はいません。一切の妥協をせず徹底的にアウトプットを磨き上げます。メンバーズデザインに信頼がない方、ぜひ一度ご依頼ください。厳しい面もありますが、注射を幼稚園児と同じレベルで嫌がるというキュートさも持ち合わせています。

    Message image 2