「メンバーズクリップ」では入社前から現在、今後の目標などテーマ毎に新卒入社の社員にインタビューします!今回は、石橋成美(2015年新卒)のご紹介です。

facebook%e4%bd%bf%e7%94%a8
はじめまして、石橋成美です。熊本高等専門学校の人間情報システム工学科出身で、主にプログラミングの学習をしていました。中学生の頃からパソコンを触るのが好きだったため高専に入学し、C言語やJavaScriptをメイン学習していました。そのため、入学した頃から将来はSEになるだろうと思っていました。

メンバーズに入社を決めた理由はなんですか。

学科の特長から、SEやプログラマの求人が多く、初めはSEになりたいと思っていました。「自分の思い通りの見た目を作ることができる」「URLを入力するだけで制作物が目に見える形になる」という点に惹かれ、Web関係の仕事に興味を持ちました。
そんな中、学校の求人でメンバーズを知り、若い社員が多く社員皆楽しく仕事をしている「会社の雰囲気」に惹かれ入社を決めました。仕事の種類も、構築・運用など多岐に渡り、多様な経験・知識を得ることができる点、資格取得の支援や、社内での勉強会・セミナーの開催など、自分の知識を深めるチャンスがある点も、入社の決め手となりました。

入社後、実際の仕事をしてみていかがですか?

入社後すぐ、サイトリニューアルの提案に関わらせていただき、実際にお客さま先での提案に同行させてもらうことができました。その後、様々な業務の経験を経た後、サイトのフルリニューアル案件に入りました。
仕事内容としては、リニューアル後はこうしよう!というアイデア出しや、アイデアをもとにした画面設計、制作側との連携や、制作物のチェックなど、多岐に渡ります。クリエイターとして入社したため、初めはエンジニア関係の仕事しかしないのでは・・・と思っていましたが、1年間はディレクターとしての業務をメインにさせていただきました。
これまで、何か制作をする際には一人で黙々と作業していましたが、実際に仕事となると様々な人とコミュニケーションを取りながら、認識の相違が無いよう、全員の制作が円滑に進むように考え行動することが大切です。今後、コーディングの仕事などクリエイターとしての業務をする際にもこの点を意識し、最終的には一人で何でも作れるような、頼れるエンジニアになりたいと思っています。