「プロフェッショナル・メンバーズ」では、メンバーズで活躍するプロフェッショナルな社員を紹介しています。今回は、ウェブガーデン仙台で活躍しているエンジニア角銅 浩平に仕事内容やキャリアについてをインタビューしました。
%e6%b0%b4%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93

現在の職種について教えてください。

肩書きは、デザインエンジニアです。これは、UIやUXといったデザイン思考の部分と、ものづくりの部分の両方を持った人で、社内のデザイナーとエンジニアの橋渡しのような存在です。
例えば、デザイナーが作成したものを、いざエンジニアに制作依頼してみたら、「そんなのは、仕様上作れない」などのすれ違いは、社内やお客さまとのやり取りでよくあることだと思うのですが、はじめから両方の視点を持って参加することで、調整や修正の手間をなくし、全員で一緒に作っていくことを行ないます。

デザインエンジニアになるまでのキャリアを教えてください。

キャリアの最初は、ECサイトの構築をするプロジェクトでエンジニアとしてスタートしました。その次は、データ解析ツールを作るソフトウェアベンダーで、今でいうデータサイエンティストの立ち位置で働いていました。ちょうどこの頃に、アジャイル開発を知り、実践し始めました。出身の仙台で働き、東京にあった本社とやり取りしながらの仕事を始めたのも、この頃です。
その後、Webに関わる仕事がしたかったことと、ゼロから全部開発に携われることに魅力を感じたため、キュレーションメディアを扱うスタートアップベンチャーに、フルスタックエンジニアとして入りました。このときにUI/UXを手掛けるようになりましたが、残念ながら、サービスが炎上するなど軌道に乗せることができずに、1年経たずに会社をたたむことになってしまいました。
次の仕事を探しているときに、Webでアジャイル開発をやっているところを探していたら、メンバーズに出会いました。アジャイル開発は、本気でやろうとするとお客さまも巻き込んでいく必要があるのですが、そこまでやっている会社はあまりない中、メンバーズはそれを真剣にやっていると思ったのが決め手の一つです。また、ちょうど仙台オフィスが立ち上がった時期で、元々仙台と東京間での仕事をそれまで行っていたので、お役に立てるんじゃないかと思い入社しました。

元々デザインエンジニアを目指していたのでしょうか?

最初から目指していたのではなく、これまでのキャリアの中で得たスキルを突き詰めていくことを繰り返してきたことで、今の自分になりました。大事なことは、目の前の仕事に対して、モチベーションを維持して、どれだけ時間をかけられるか」です。業務の中で必要なものがあったら、何か面白いところを見つけ、そのまま勢いに乗って突き詰めていくようにしています。これまでもマイブームに乗って一気に自分をスキルアップしていくということを繰り返してきました。

現在は、これまでのキャリアの集大成になっているのですね。

スティーブジョブズも講演で、「connecting the dots」と話していますが、自分のその時の業務に関するマイブームや興味ある事を突き詰めてモノにすると、いつかどこかでそれらが結びついて、自分の武器になります。私の今のマイブームは、これまで培ってきたアジャイル開発にデザイン思考、UI/UXをどう組み込んでいくかを考えることです。これまでの自分のキャリアを棚卸して、振り返ることで体系化したものをチームに引き継いでいきたいと思っています。

メンバーズにエンジニアとして入社を考えている人へ

メンバーズは楽しんで仕事ができる人が集まっていると思います。特にエンジニアが多い私の部署は根本に変化に対応するというアジャイル思想があるので、幅広く興味を持って、いろいろなことにトライする気持ちを持っている人が馴染みやすいと思います。ものづくりの集団なので、ものを作る楽しみはもちろん感じられますし、お客さまと距離が近いので、すぐ作ったものへのフィードバックをもらえる環境は良いです。もっとより良いものを作りたいと感じられる人や、その部分に楽しみを見出せる人は向いていると思います。

これまでのキャリア

1994- カナダに留学
子供のころからコンピュータが好きでエンジニアを目指していた割には、進路はずっと文系で高校卒業後はカナダに留学しました。ひたすらネットに夢中でした。卒業後、日本に帰国。

1999- とあるゲームブランドを持つソフトウェア会社に就職
ゲームを作っていた訳ではなく、ECサイトの構築をするプロジェクトでエンジニアとしてスタートしました。このときに結婚、こどもを育てる環境を考えたときに、もっと緑の多い静かな場所にしたく仙台に戻ることに。

2000- 小料理屋で丁稚奉公
海外で事業をしようとする親への恩返しもあり、小料理屋で丁稚奉公をすることに。あまりのハードスケジュールに半年程度で過労によりダウン。本気で好きなことでないと頑張れないことを骨身にしみて理解しました。

2001- データ分析のソフトウェア会社に就職
データ解析ツールの開発・POSデータの分析提案などをしていました。新製品開発で要件がよく変わるのでウォーターフォールでの開発が厳しく、この頃知ったアジャイル開発を現場へ導入・取り組み始めました。

2012.3- キュレーションメディアのスタートアップに参画
スタートアップなので企画~実装まで全てやるフルスタックエンジニアとして働きました。キュレーションメディアが通る道の炎上を経験し、最後には会社をたたむところまで経験させていただきました…

2012.11- メンバーズ
ちょうどアジャイル開発への取り組みを公開していたり、仙台拠点が立ち上がったばかりであることもあり、これまでの経験からお役に立てればと門戸を叩くことに。

同僚からのメッセージ

  • BU3-AS1U 阿部 裕輔
    12年前に初めて会った時から今も全く変わらず、通称「角銅文庫」と呼ばれる壁の様に積み重なった書籍に囲まれ、日々黙々と仕事しています。言うまでもなく、震災の時は雪崩の様に崩れ大変な事になっていました。12年間、私が思っている事は、Dr.Kの言う事は基本的に正しい、従っていれば間違いないという事です。

    Message image 0
  • Message image 1

    クリエイティブマネージャー 綾部 葵
    エンジニアとしても優れ、案件においても欠かす事の出来ない存在です。その年になってもなお探究心が途切れることなく、膨大な量の読書や経験に基づき自らの思考を高めスキルを上げていく為の努力を怠たらない姿勢は、みんなの模範です。

  • BU3-AS6U ユニットプロデューサー 塚本 洋
    Webサイトづくりも、アプリづくりも、野菜づくりも、とにかく最高の品質にこだわる角銅さんのことが大好きです。いつかメンバーズ一、いやいや東北一、いやいや世界一の「デザインエンジニア」になってほしいです。

    Message image 2