「プロフェッショナル・メンバーズ」では、メンバーズで活躍するプロフェッショナルな社員を紹介しています。今回は、何度も社内表彰を受賞した経験があるデザイナー及川 努に、メンバーズへの入社理由やデザイナーとしてのブレイクスルーポイントをインタビューしました。
%e6%b0%b4%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93

メンバーズに入社した理由を教えてください。

私は2006年度新卒として入社をしました。大学は美大でしたが、専攻はグラフィックではなく建築デザイン。住宅や空間、構造、照明などの設計を学んできました。そんな訳で建築設計士を目指して望んだ就職活動でしたが、建築の世界は理系中心の世界。結果は芳しくありません。
そんな折、趣味で取り組んでいたWebデザインをきっかけに、いくつかのWeb制作会社を探す中でメンバーズに出会いました。美大を出てWeb業界で働く人は稀で、周囲からは珍しがられましたね。
その当時、メンバーズは「ワンストップ」(広告から構築・運用まで一貫したサービス提供)を掲げていて、「色々できて楽しそうだな」と思ったのが最初でした。面接では、剣持社長から「会社が社員を育てるのか、社員が会社を作るのかどう思うか」という旨の質問を受けました。自分の答えは「両方」。会社と社員が双方で力を与え合い、刺激しながら上昇していくイメージを伝えた記憶があります。今考えるとあり方としては当然ですが、就職活動中ずっとゼネコンか建築家のアトリエかという、ある種組織の歯車となる道しかイメージしてこなかった自分にとって、頭の中がすっきりと整理された瞬間でした。
ほかに印象に残っていることは、当時の虎ノ門オフィスで、会議室がとてもきれいでアーロンチェアが使われていたこと。この椅子で仕事ができるのか!とワクワクしていましたが、入社後、あの椅子があるのは会議室だけと分かり、正直だまされたと思いました。(笑)
(注:現在では本社の椅子は全てハーマンミラー社のセイルチェアになり、快適に仕事ができています(笑)!)

ブレイクスルーポイントは?

入社後、構築部門に配属、当時存在したアートディレクターチームのアシスタントデザイナーからスタートをしました。3年目からは、広告部門に新設されたクリエイティブチームに参加し、バナーやランディングページ、プロモーションサイトなど、獲得系といわれているコンテンツを手掛けました。構築から広告部内へ移ったことで、壁となったのがクリエイティブに対する考え方のギャップです。企業の持つ特徴をブランディングの視点から美しく伝えることに特化したコーポレートサイトのデザインから一転、どう売るか、いかに目を引くかを突き詰める売上重視のデザインが求められる訳です。ユーザーとシチュエーション。その違いを理解し画に落とし込むことに苦労しました。
後々、ECサイトやプロモーションサイトの制作を経験していく中で、受け取り手の思考である「ユーザー思考」という考え方や、マーケティングを意識したインプット・アウトプットに徐々に意識することができたのは、その異動がきっかけだったと思います。

仕事をする上で大切にしている事を教えてください。

デザインする時に限った話ではありませんが、「誰のためのデザイン」か、ということは常に考えるようにしています。人が使うものを作るうえでは、「使う人にとっての体験はどうあるべきか」を一番に考えます。データマイニングやフィールドワーク、プロトタイピングなど、アウトプットに至るまでの手法はいくつもありますが、全てはその思考からスタートしています。プロジェクトの開始時から、フォトショップで1ピクセルのラインを引く時も、公開後に効果検証をする時も、都度、原点に立ち戻って考えるよういつも心がけています。

メンバーズの良いところは?

とても活気のある職場だと思います。それぞれの技術・知識に特化した人が社内あちらこちらにいて、かつコミュニケーションしやすい雰囲気が作られているので、恵まれている環境であると感じています。

デザイナーを目指す人に一言!

デザイナーにとって重要なことは、とにかくインプットとアウトプットをどれだけ多く行えるか、ということに尽きます。漫然と物事を見るのではなく、自分なりに疑問を持ち、思考し、分析し、手を動かすことがデザイナーとっての武器である「引き出し」を増やすことにつながります。

一日のスケジュール

09:00 出社・始業
メールとスケジュールのチェックや、庶務をまとめて行います。

09:30 制作作業
ディレクターやエンジニアとコミュニケーションをとりながら、情報設計やモックアップ作成を行います。

12:30 昼食
デザイナー仲間やチームメンバーと会社周辺のお店に行きます。築地に近いため海鮮系のメニューが充実しています。

14:00 ミーティング
目指すべきゴールがブレないよう、プロジェクトメンバーと都度すり合わせを行っています。

15:00 制作作業
平均で2~3のプロジェクトを同時に進行させています。先方へ訪問することもあります。

18:00 退社
時間はプロジェクトの状況によって変わりますが、早い日は飲みに行ったり家で料理をしています。