「メンバーズクリップ」では入社前から現在、今後の目標などテーマ毎に新卒入社の社員にインタビューします!今回は、大手飲料メーカーが運営するメディアサイトのディレクターとして日々奔走している山崎さんにお話しを伺いました。

facebook%e4%bd%bf%e7%94%a8

就活時代を振り返って

飲料メーカーさまのオウンドメディア運用チームでディレクターをしている山崎稚葉です。学生時代は、立教大学経営学部でマーケティングを勉強しながら、地域の中小企業や海外のNPOでインターンをしたり、自ら立ち上げた地域団体で、フリーペーパーの企画ディレクションをしたりしていました。そこで得たフットワークの軽さは、今の仕事にもつながっていると感じています!

入社前と入社後、イメージにギャップはありましたか?

結論、ギャップはありません。就活時、仕事選びにおいて大切にしていた軸を思い返せば、「ない」という答えになってしまうんです。
私は就活時代、若い時から責任が要求される仕事をしたい、スピード感を持って成長したいという思いがあったので、ベンチャー風土がある会社を見ていました。加えて、「自分がわくわく出来るか」も大切にしていたので、大学で学び続ける中で興味を抱いた「マーケティング」、日々新しい技術やサービスが生まれる「Webのビジネス」がキーワードになりました。そんな中、メンバーズの説明会で社長のビジョン・戦略を聞いた時、「顧客は全て大手BtoC企業」という戦略に対して強くやりがいや成長性を覚えました。「この会社に入れば、入社直後からナショナルクライアントのマーケティング支援に携わる中で自分を成長させられる。」そんなイメージを描くことができたので、メンバーズに入社しました。
実際、現在はメディアサイト運用チームのディレクターとして、新卒1年目にも関わらずお客さまと近い立場で働いています。お客さまからは「自分が担当者だったらどうしたいかを考えてほしい」というお話をもらうが多く、メンバーズ社員でありながらお客さまと”ワンチーム”であるという意識を持ち、どうしたらWebサイトが売上につながるのか、お客さまのサービスが成長するのかを考えています。就活生から「入社前とギャップがあったか」という質問を受ければ、私は答えに迷ってしまうんですよね。想像以上のスピード感で、学び・刺激の多い毎日を過ごせているから。