%e5%b9%b3%e5%b6%8b%e3%81%95%e3%82%93

実名インターネットにより社会のコミュニケーションが変わった。

これまで企業のFacebookページの立ち上げや運用に多く関わってきました。そこで感じたこと、それはFacebookを代表とした実名インターネットの普及により、社会のコミュニケーション方法そのものが大きく変わったということです。 実名でのコメントやいいね!は、自分の気持ちを伝えることへのハードルを下げ、知り合い同士で挨拶をするように知らない人とも共感をベースにコミュニケーションを取るようになりました。そして企業も「アカウント」という化身で、その中にうまく溶け込んでいます。 それはちょうど同じクラスの生徒くらいの距離感。ふと気が付いたときに世間話ができるような関係性になることに成功したのです。 そのような環境では、企業もこれまでの一方的な情報発信から、生活者に対する振る舞いを変えていかないといけない。企業に求められるのは 生活者と正面から向き合う覚悟が必要 なんだろうなと感じています。

生活者と企業との新たな絆づくりをサポートしたい。

ソーシャルメディア上の企業アカウントに対するいいね!やコメントは生活者との気持ちのやり取りであり、その集合がエンゲージメント総量です。生活者と企業がきちんと向き合い、エンゲージメント総量を高めていくことは、企業と生活者との今までにない新たな絆づくりに繋がります。メンバーズはネットビジネスパートナーとして、企業が生活者ときちんと向き合うことを通じた新たな絆づくりをサポートしていて、それが「消費者起点の豊かな社会の創造」の実現に繋がる、そう思っています。